HOMEキャンパスライフ部活動紹介メカトロ技術研究部

部活動紹介 メカトロ技術研究部

射水キャンパス

メカトロ技術研究部(射水)

理系の甲子園!「高専ロボコン」に参加しています。私たちは、全国でも屈指の全国大会常連チームです。中学生のみなさん、我がメカトロ技術研究部で「ものつくり」に青春をかけてみませんか?
 部員は20名、毎日、広い部室(創造工房と呼んでいます。)と設備の整った工場でロボットを作っています。ロボットを作る3つのキーワードは、「機械」「電気」「プログラム」です。私たちもそうでしたが、1年生の時は何もわかりません。でも、大丈夫! やさしい先輩と教官の方々が手取り足取り教えてくれます。最初は、旋盤(せんばん)やフライス盤などの工作機械を使ってロボットの部品作りを覚えます。2年生の後半になってくると自分のやりたい事が見つかってきます。ここで、先ほどの3つのキーワードの登場です。機械に興味がある人は、その後、3年間で機械設計や加工を極めます。プログラムをやりたい人は、プログラム制御のプロフェショナルを目指します。
 最大のイベントである高専ロボコンの期間は、5月から10月までの約六ヶ月です。10月末の東海・北陸地区大会(20チーム参加)を目指し、土日も夏休みも活動します。これを聞くと「ロボットは作りたいけど大変そうだからやめておこう。」と思う人が多いかもしれませんが、実際、やり始めると止まらなくなります。まさに「ものつくり中毒」です。完成したロボットが軽快に動いた瞬間の感動は、想像を超えるものでした。みなさんも私たちと全国大会、優勝を目指しませんか?
(写真は、高専ロボコン2008 東海・北陸地区大会優勝のとき。)