HOME学科・専攻科学科商船学科

学科 商船学科

商船学科Webサイト

商船学科

商船学科

サービスエリアは地球
世界の海で活躍するグローバルスペシャリスト

「航海コース」と「機関コース」からなる複合学科で、海や船に関する様々な知識や技術について学び、世界で活躍するスペシャリスト(航海士や機関士)を目指します。
教室での授業のみならず最新のシミュレータや練習船での実習によって理論や技術を学び、身につけます。のべ1年間の大型練習船(帆船日本丸等)では、国内のみならず海外でも実習します。そのため、就業年限は5年6カ月となります。

主な学習内容

1

まずは船舶運航の概要を知ることが、目標!!

数学や英語、国語などの教養科目やコンピューターに関する基礎教育、船舶に関わる技術の役割と意義を学びます(航海概論、機関概論)。

主要科目

  • 海洋基礎実習
  • 航海概論
  • 機関概論

2

スペシャリストになるための基礎能力をしっかり習得!

専門科目の基盤となる科目(船舶基礎力学、電気・電子工学)を習得しながら、卒業後の在り方を考えます(キャリアデザイン)。

主要科目

  • 船舶基礎力学
  • 電気・電子工学
  • キャリアデザイン

3

これまで培った基礎力をさらに発展させよう!

船舶の運航、システム、安全に関する基礎知識や実技(運用概論、機械加工実習)を習得します。専門英語(航海英語・機関英語)も身につけていきます。

主要科目

  • 船舶安全学
  • 船体管理論
  • 内燃機関工学

4

船舶の運航やエネルギーシステムに関する専門知識を習得!

さらに高度な船舶海洋工学、航海情報システム、ディーゼルエンジン、電機システムに関する運転管理などを学びます。

主要科目

  • 船舶海洋工学
  • 航海測位論
  • 電機システム

5

卒業研究に取り組んで実践的な技術者を目指せ!

これまで学んだ教養科目、専門科目の知識をさらに深めるとともに、各分野で習得した考え方と技術をフルに活用して卒業研究に取り組みます。

主要科目

  • 計測制御工学
  • 航海機器
  • 設計製図

実習生

さあ、遥かな海へ出航!

帆船、ディーゼル船などの大型練習船の実習生となります。4年6ヶ月の席上課程と1年間の乗船実習を通して海・船のスペシャリストを目指します。

主要科目

  • 乗船実習
授業の様子1

授業の様子2

授業の様子3

教育目標

  • 船舶の運航や舶用プラント運用に必要なシーマンシップを身に付けたグローバルな海技士を育成します。
  • 海洋をフィールドとしてシステムの開発・構築・管理ができる技術者を育成します。
  • 海洋環境を地球規模の視点で考えられるスペシャリストを育成します。

取得できる資格

  • 卒業により、三級海技士(大型船の幹部船員)の筆記試験免除
  • ※上級海技士、無線通信士など、各種国家試験に向けたゼミナールも開講
有本 香織

加治 孟樹

5年・射水市立新湊中学校

私は海に関わる仕事をしたいと思い、商船学科を志望しました。本学科では、教官がさまざまな専門分野を掘り下げて授業をしてくださるので、深い知識を身につけることができます。また、学園祭やカッターレース大会などの行事では、学生が中心となって運営することで主体性を高められるという特徴があります。本校の素晴らしい環境下で充実した学校生活を過ごしませんか。

加治 孟樹

長谷川 裕也

4年・富山市立八尾中学校

商船学科では、1年次から専門的なことを学び始め、学年が上がるごとに専門科目が増えていきます。私は船の知識はありませんでしたが、船体各部の名称や役割、商船の仕事、Seamanshipの重要性などを学んできました。また、座学で学んだことの実際を練習船で経験し、技術として身につけることができます。皆さんの入学を楽しみにしています。

長谷川 裕也

梅村 彩

3年・東京都世田谷区立玉川中学校

私は海に関わる仕事に就きたい、船員になりたいと思い商船学科に入学しました。普通科の高校では学べない船や海に関する知識を専門家の先生から教わります。座学だけでなく実習場や練習船で実際に作業に当たり学ぶことができます。また、部活動が盛んで、素晴らしい環境で練習に取り組むことができ、充実した日々を送っています。

アドミッション・ポリシー(求める学生像および入学者選抜の基本方針)

求める学生像

  1. 海や自然が好きな人
  2. 大型船の船長や機関長をめざす人
  3. 大きな機械のエンジニアをめざす人
  4. 世界中の国々で活躍したい人

選抜の基本方針

  • 推薦による選抜(50%程度)
    推薦書及び中学校における調査書並びに面接の結果を総合して選抜します。
  • 学力検査による選抜(50%程度)
    中学校における調査書及び学力検査の結果を総合して選抜します。
  • 帰国生徒特別選抜(若干名)
    中学校における調査書,学力検査(理科,英語,数学,国語)及び面接の結果を総合して選抜します。
  • 留学生選抜(若干名)
    学力検査(日本語,理科,数学),面接の結果を総合して選抜します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

富山高等専門学校のカリキュラムポリシーに基づき,商船学科はディプロマポリシーに掲げる4つの能力を学修するため,低学年では一般教養科目に重点を置き,学年進行により専門科目に重点を置く楔型の5年一貫教育課程を編成する。ディプロマポリシー1,2,4の具体的内容は,高専機構モデルコアカリキュラム商船系分野(航海)(機関)で示される高専生が備えるべき能力,「基礎的能力」,「分野別専門能力」及び「分野横断的能力」に準拠して定める。

  1. 専門科目を学ぶため,豊かな教養や人間性を育むための一般教養科目を低学年に多く配置する。なお,一般教養科目は高専機構モデルコアカリキュラムにおける技術者が共通で備えるべき基礎的能力を包含している。
  2. 次世代海洋人材に必要とされる素養として必要な科目として,航海コースでは,航海学,船舶運用学,海事法規,商船実務などを,機関コースでは主機・補機,電気・電子,機械,商船実務など幅広い知識と技術,応用力が身に付くようにバランス良く授業科目を配置する。
    船舶をフィールドとしたシステムの管理,構築を行って,社会に貢献できる能力を育成するために,実験・実習,乗船実習,基礎研究,卒業研究を系統的に編成する。
    なお,本学科における専門科目は高専機構モデルコアカリキュラムにおける技術者が備えるべき分野別専門能力(商船系分野)を包含している。
  3. AI,データサイエンスなどの先端・学際的な科目を配置し,これからの時代に必要とされる分野横断的能力を身に付けられるように編成する。
  4. 1年次に学科を越えたチーム編成で企業活動調査を行い報告書にまとめる取り組みを含む「データサイエンス」,各学年での短期乗船実習,2,4,6年生における「長期乗船実習」,3,4年における「実験実習」,自身の研究に関する報告,発表を行う「ゼミナール」,「卒業研究」をはじめ,各科目で積極的にアクティブラーニングを取り入れることで,主体性,コミュニケーション力を育成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定方針)

商船学科では,所定の単位を修得して以下のような能力を身につけた学生に卒業を認定します。

  1. 国内外の実社会で活用できる科学的基礎知識とリベラルアーツを身に付けている。
  2. 専門基盤知識を修得し,実験・実習および演習・実技を通してその知識を国際海上輸送分野で応用・実践できることとし,航海コースでは航海学の素養を身に付け,社会基盤の担い手としての視点を持ち,新たな価値創造に挑戦できる。機関コースでは機関学の素養を身に付け,ライフラインの担い手としての視点を持ち,新たな価値創造に挑戦できる。
  3. AI・データサイエンスに関する情報科学の素養とビジネスの視点を身に付け,新たな価値の創造に挑戦できる。
  4. 自分の意見を論理的に表現し,周囲と理解・尊重しあうコミュニケーション力を身に付けている。