HOME学科・専攻科学科機械システム工学科

学科 機械システム工学科

機械システム工学科

機械システム工学科

本物を追い求め、それを具現化する君たちへ
夢の実現は、いつだって「機械」からはじまる

飛行機、自動車、ロボット、オートバイ、鉄道車両、医療機器、福祉用具…。これらはすべて機械工学の賜。スマホやゲーム機、化粧品だって、機械工学なしには作れません。
機械、電気、材料、制御、情報…、あらゆる知識を身につけ、未来を切り拓く創造的なエンジニアを目指せ。ものづくりの真髄は、機械システム工学科にあり。

主な学習内容

1

身近な機械のメカニズムを探ってみよう!

国語・数学・英語などの教養科目を学びながら、プログラミングの基礎を学ぶ「データサイエンス」や機械技術者に必要な基礎を「メカトロニクス入門」「機械製図I」において学びます。

主要科目

  • データサイエンス
  • メカトロニクス入門
  • 機械製図Ⅰ

2

実際のものづくりにチャレンジ!

実際にものづくりを行う「機械実習I」「CAD工学」が始まり工作機械の使い方や設計するための基礎を学びます。加えて材料の加工法と材料の性質を学ぶ「製造と加工」「基礎材料工学」がスタートし3年次以降で学習する専門分野に備えます。

主要科目

  • 情報処理
  • 機械実習Ⅰ
  • CAD工学

3

専門科目が増え、実験や実習もより高度に。

「材料力学I」「熱力学I」「流体工学I」をはじめ、エネルギー、設計、力学、情報、材料など機械技術者に必要な専門科目を学びます。これらに関連する実験・実習や設計により、ものづくりに対する理解も深めます。

主要科目

  • 材料力学Ⅰ
  • 熱力学Ⅰ
  • 流体工学Ⅰ

4

卒業研究の下準備となる「基礎研究」がスタート!

「プログラミング」「設計製図」など専門科目の内容が基礎から応用に向けてシフトしていきます。卒業研究の下準備となる「基礎研究」が始まり、機械技術者に必要な基本を身につけます。また、企業にて研修を行うインターンシップも開設されます。

主要科目

  • プログラミング
  • 設計製図Ⅰ
  • 機構学
  • 計測制御

5

メインは卒業研究。技術者への道を切り拓こう!

専門科目は、より高度になります。各自の進路に合った選択科目が多くなり、専門性もアップ! 研究室に所属して取り組む「卒業研究」がメインになり、創造性・探究心豊かな技術者になることを目指します。

主要科目

  • 卒業研究
  • エネルギー機械
  • 制御工学
  • 数値解法
授業の様子1

授業の様子2

授業の様子3

教育目標

  • 機械学工学及びメカトロニクスの知識と技術を総合的に身に付け,機械設計・開発ができる技術者を育成します。
  • 機械設計・生産,材料,ダイナミクス,エネルギー,計測と制御などの機械システム工学の基礎知識を活用できる技術者を育成します。
  • 機械工学的に考える能力を身につけ,産業分野だけでなく人々の生活で役立つ最先端な機械の設計・開発へと展開できる創造性・探求心豊かな技術者を育成します。

取得できる資格

  • エネルギー管理士
  • 機械設計技術者
  • CAE技術者 など

栗澤 王奨

5年・入善町立入善西中学校

機械システム工学科では、5年間で機械設計に必要な知識を身につけ、実習や実験を通してものづくりの楽しさを肌で感じることができます。学年が上がるごとに内容は高度なものになっていきますが、エンジニアを志すクラスメイトと互いに刺激し合い、とても充実した生活を送っています。ぜひ、高専に入学して充実した5年間を送りましょう。

山口 詩織

4年・富山市立大沢野中学校

高専では、5年間を通して一般科目と専門科目をバランスよく学ぶことができるので、受験勉強にとらわれず、機械工学の知識・能力を育てられ、大学とほぼ同程度の専門知識や技術を身につけられます。また、先生と学生の距離が近く、勉強でわからないことがあれば丁寧に教えてくれます。ぜひ高専に入学してあなたの可能性を広げてみませんか。

村椿 陽

村椿 陽

3年・黒部市立高志野中学校

機械システム工学科では、5年間でエンジニアになるために必要な専門的な技術や知識を講義だけではなく実習や実験を通して多く身につける事ができます。実践的な授業をユニークな友達や先生と共に毎日楽しく学習しています。将来機械工学系の仕事に携わりたい方は、ぜひ高専に入学して私たちと楽しく充実した5年間を過ごしませんか?

アドミッション・ポリシー(求める学生像および入学者選抜の基本方針)

求める学生像

  1. 自動車・航空機,ロボット,スポーツや医療分野などで人々に役立つ機械に興味がある人
  2. 機械を設計する,つくる,動かす,制御する知識と技術を身に付けたい人
  3. 機械の設計・開発で,人々の生活を豊かにし,社会に貢献したい人

選抜の基本方針

  • 推薦による選抜(50%程度)
    推薦書及び中学校における調査書並びに面接の結果を総合して選抜します。
    数学,理科を重視します。
  • 学力検査による選抜(50%程度)
    中学校における調査書及び学力検査の結果を総合して選抜します。
  • 帰国生徒特別選抜(若干名)
    中学校における調査書,学力検査(理科,英語,数学,国語)及び面接の結果を総合して選抜します。
  • 留学生選抜(若干名)
    学力検査(日本語,理科,数学),面接の結果を総合して選抜します。
  • 編入学選抜(若干名)
    学力検査,調査書及び面接の結果を総合して選抜します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

機械システム工学科の高専生が備えるべき能力を身に付けるために,教育目標に沿って以下に列挙する教育課程を編成します。

  1. 低学年では,一般教養科目である数学,物理などの理系科目,英語,国語などの文系科目と,製図,メカトロニクス,製造加工,材料工学などの基礎専門科目を配置する。
  2. 学年進行に伴い,機械設計,機械力学,機構学などの生産・設計分野,材料工学,材料強度学などの材料分野,工業力学,材料力学などの力学系科目,熱力学,流体力学,伝熱工学などの熱流体分野,計測制御,振動工学などの計測・制御分野ならびに情報処理,機械実習などの実技系科目で,授業科目を配置する。
  3. AI・ロボット,MOTなどの広範囲領域分野科目を配置する。
  4. 1年次のデータサイエンス,高学年のAI・MOT,5年通して実施する機械実習・実験,自身の研究に関する報告,発表を行う基礎研究と卒業研究をはじめ,各科目で積極的にアクティブラーニングを取り入れることで,主体性,コミュニケーション力の育成を図る。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定方針)

機械システム工学科は,機械系,機械システム系の知識,技術を総合的に学習し,機械設計,技術開発等を手がける創造性・探究心豊かな技術者の育成を目的とし,所定の単位を修得し,かつ以下のような能力を身につけた学生に卒業を認定します。

  1. 国内外の実社会で活用できる科学的基礎知識とリベラルアーツを身に付けている。
  2. 設計・生産,材料,熱・流体,計測・制御の各分野からなるメカトロニクスの基礎専門知識を総合的に修得し,情報処理などの演習や機械実験・機械実習を通して,その知識を機械の設計・開発や,ものづくりの技術開発に応用・実践できる。
  3. AI・データサイエンスに関する情報科学の素養とビジネスの視点を身に付け,新たな価値の創造に挑戦できる。
  4. 自分の意見を論理的に表現し,周囲と理解・尊重しあうコミュニケーション力を身に付けている。