HOME学科・専攻科学科電子情報工学科

学科 電子情報工学科

電子情報工学科Webサイト

電子情報工学科

電子情報工学科

回路製作からAI開発まで!
C言語, Java, Python はじめ最先端のコンピュータ技術を学び、動かし、世界と繋ぐ

ハードウェア、ソフトウェア、通信ネットワーク・システムについて学び、創造的技術開発に応用・実践できる技術者を育成します。授業では、画像処理、AI 開発や電子回路製作およびIoTに不可欠なネットワーク機器のプログラミングなど実験実習を多く取り入れ、将来は、情報処理技術者、ネットワーク技術者として様々な分野で活躍できます。

主な学習内容

1

コンピュータに関する一般常識を習得!

「情報基礎」について学習します。また、「電子情報工学実験」では、情報通信に関係する実験だけでなく、様々な実験を行い、技術者に必要な考え方について学びます。

主要科目

  • データサイエンスⅠ・Ⅱ
  • 電子情報工学実験ⅠA・ⅠB
  • 電子情報基礎

2

実習を通して学ぶ、ものづくりの手法!

「プログラミング」や「基礎電気」などの科目を通じて、ソフトウエアや回路の作り方の基礎について学んでいきます。

主要科目

  • プログラミング
  • 基礎電気
  • コンピュータシステム

3

自ら考え、ものをつくる力を伸ばし、育む

「アルゴリズムとデータ構造」や「電子回路」などの科目を通じて、より高度な作り方と共に、どのように作ると効率的なのかを考える設計について学びます。

主要科目

  • アルゴリズムとデータ構造
  • 電気回路
  • 電子回路

4

自分のアイデアを形にしてみよう

「AI・MOT」や「通信システム」など、さらに専門分野を広げた科目が加わります。ものづくりの力を様々な分野で応用するために、ものづくり実習を通じて学習します。また、「創造工学設計」では、自分のアイデアをカタチにします。

主要科目

  • オペレーティングシステム
  • 通信システム
  • 創造工学設計

5

企業との共同研究に取り組むチャンスも!

「コンピュータ計測」や「計算工学」など、社会で実際に使われている応用技術について学びます。「卒業研究」では、大学や企業との共同研究もあり、研究・開発にチャレンジします。

主要科目

  • 卒業研究
  • 情報ネットワーク
  • 計算工学
授業の様子1

授業の様子2

授業の様子3

教育目標

  • アプリケーションからAIまでの総合的なプログラムが設計開発できる技術者を育成します。
  • センサからインターフェースを含む電子回路設計ができる技術者を育成します。
  • ネットワークを活用してシステム設計ができる技術者を育成します。

取得できる資格

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ITパスポート
  • ネットワーク接続技術者(工事担任者)
  • 電気通信主任技術者

谷口 響

5年・滑川市立早月中学校

高専では1年生から、専門の基礎的な学習が始まります。学年が上がるにつれて、専門的な科目の時間が増えていきます。通学は、普段は電車と自転車を使い、冬季は電車と通学バスを使って登下校しています。また、私は陸上部に所属しています。高専では恵まれた環境での部活動が可能なため、みんなが各々のクラブで自分を磨いています。

谷口 響

松下 礼

4年・立山町立雄山中学校

高専は一般科目と専門科目を同時に学ぶことで、早い段階から専門を学ぶことができます。私はこの電子情報工学科に入学する前までは、パソコンを使うことも専門の知識もありませんでした。授業でパソコンを使用したり、プログラミングを学ぶことで、たくさんのことに挑戦することができました。高専は整った環境で自分のやりたいことに時間を費やすことができる場所だと思います。高専で自由な学校生活を送りましょう!

益子 聖

2年・富山市立興南中学校

コロナ禍で行われた入学式、最初は授業の開始やクラスメートとの交流にとても不安を感じていました。しかし、学校開始後わずかな時間でネットワークを用いたコミュニケーションの方法を習得して自宅から遠隔授業を行えるようになりました。教職員の皆さんや自分たち学生が一緒になって授業開始に取り組み、パソコンやプログラミングの勉強を始めることができてとても嬉しかったです。

アドミッション・ポリシー(求める学生像および入学者選抜の基本方針)

求める学生像

  1. ものづくりが好きでコンピュータに興味がある人
  2. 情報,電子,通信の基礎技術からAI・IoTへの応用技術を身に付けたい人
  3. 自ら考えて行動できるエンジニアになって社会に貢献したい人

選抜の基本方針

  • 推薦による選抜(50%程度)
    推薦書及び中学校における調査書並びに面接の結果を総合して選抜します。数学、理科を重視します。
  • 学力検査による選抜(50%程度)
    中学校における調査書及び学力検査の結果を総合して選抜します。
  • 帰国生徒特別選抜(若干名)
    中学校における調査書,学力検査(理科,英語,数学,国語)及び面接の結果を総合して選抜します。
  • 留学生選抜(若干名)
    学力検査(日本語,理科,数学),面接の結果を総合して選抜します。
  • 編入学選抜(若干名)
    学力検査,調査書及び面接の結果を総合して選抜します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

電子情報工学科では,高専機構モデルコアカリキュラムで示される高専生が備えるべき能力,特に情報系分野,電気・電子系分野に準拠し,かつ学科の教育目標に沿って以下に列挙する教育課程を編成します。

  1. 専門科目を学ぶために必要な数学,物理を始め,豊かな教養や人間性を育む国語,英語,社会,体育,芸術などの一般教養科目を低学年に多く配置する。
  2. 低学年でハードウェア,ソフトウェア,通知ネットワーク・システムに関する基礎的な科目と,専門科目と数学を結びつけるための科目「電子情報数学」を配置する。高学年でハードウェア,ソフトウエアに関する応用科目,通信ネットワーク・システムに関する科目を配置する。また,1年次から実験を配置することで,座学で得た知識を活用することを体験する。さらに,4年次には基礎から応用へと体験を通して学んだ知識,技術,創造力を高めるための「創造工学設計」,「基礎研究」を配置し,5年次に研究開発能力の基盤を培う「卒業研究」を配置する。
  3. 1年次に数理・データサイエンスの基礎を学ぶ科目を配置する。数学やプログラミングの学修を経て4年次にAI関連科目を配置する。さらに,より高度なAIスキルを身に付けるための科目「創造工学設計Ⅰ」,「メディア工学」を配置する。
  4. 1年次に学科を越えたチーム編成で企業活動調査を行い報告書にまとめる取り組みを含む「データサイエンス」,高学年に企業理解,キャリアデザインを促す科目「AI・MOT」,自作したシステムのプレゼンテーションを行う「創造工学設計」,自身の研究に関する報告,発表を行う「基礎研究」,「卒業研究」をはじめ,各科目で積極的にアクティブラーニングを取り入れることで,主体性,コミュニケーション力の育成を図る。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定方針)

電子情報工学科では,所定の単位を修得して以下のような能力を身につけた学生に卒業を認定します。

  1. 国内外の実社会で活用できる科学的基礎知識とリベラルアーツを身に付けている。
  2. ハードウェア,ソフトウェア,通信ネットワーク・システムの専門基盤知識を修得し,実験・実習・演習を通してその知識を活用し,創造的技術開発に応用・実践できる。
  3. AI・データサイエンスに関する情報科学の素養とビジネスの視点を身に付け,新たな価値の創造に挑戦できる。
  4. 自分の意見を論理的に表現し,周囲と理解・尊重しあうコミュニケーション力を身に付けている。