HOMEキャンパスライフ部活動紹介卓球部

部活動紹介 卓球部

本郷キャンパス

卓球部(本郷)

令和4年度現在、高専本郷卓球部には、令和4年度現在男女合わせて30名ほど在籍しています。試験期間を除いた週5日間、第一体育館で、全国高専大会出場や個人での目標達成を目指して、一生懸命練習に励んでいます。普段の練習では、3年生以下が主体となって楽しみながらも、どうすれば強くなれるかを思考しながら、真剣に白球を追っています。また、4,5年生も積極的に練習に参加して、お互いに助言を行いながら、日々切磋琢磨しています。卓球は、縦横無尽にコートを駆け回りながらラリーをするため、かなりのエネルギーが必要ではありますが、一方で、様々な種類の回転やコースなどをどう生かして攻めるかを常に思考しながら、非常に高い集中力をもって取り組むことが求められる頭脳型スポーツでもあります。卓球部は経験者、未経験者を問わずに、やる気のある方ならば誰でも歓迎しています。ぜひ卓球部に入部して一緒に卓球しましょう。

 

 

 

 

射水キャンパス

富山高専射水卓球部は、2018年に本格的に活動を再開した古くて新しい部活です。1年生だけで臨んだ2018年の県高校秋季大会学校対抗の部でベスト8、2019年の県高校秋季大会学校対抗の部ではベスト4、シングルスでは北信越選抜大会の出場権の獲得、北陸地区高専大会ではシングルスとダブルスで優勝し鳥取県で開催された全国高専大会に出場しました。また、令和3年度には、女子部員も加わり、県高校総体の男子学校対抗の部でベスト8、女子シングルスの部では北信越大会およびインターハイの出場権獲得、男女で3種目の全国高専大会への出場権を獲得するなど、近年、急速に躍進しています。
月水金は第2体育館、火木は自主練習として、ものづくり実習室で練習ができる環境にあり、多くのボールを使いながら個々の目標に向かって取り組んでいます。顧問が、全中およびインカレ(学校対抗で決勝トーナメント進出。愛知工業大に敗北)に選手として出場した「博士号もちの」卓球経験者なので、学生から質問すれば理論的なアドバイスをもらえます。高専の勉強と部活の文武両道に努めながら、高校、高専、大学等の各カテゴリーで頑張っていきます。