HOME富山高等専門学校後援会

富山高等専門学校後援会

 富山高等専門学校後援会は、富山高専における教育の充実振興に寄与し、併せて富山高専との協調を図ることを目的とし,下記の業務を行う組織です。
1.学生の福利厚生に関する支援
2.学生の学修に関する支援
3.学生の体育・文化活動に関する支援
4.学校の諸行事、広報活動その他運営に関する支援
5.本会の管理運営に関すること。
6.その他目的達成のために必要な事業・支援

 本会は次の会員をもって組織されています。
・正会員 富山高専に設置されている学科及び専攻科に在籍する学生(以下「学生」という。)の保護者又はこれに代わる者
・賛助会員 本会の目的に賛同して入会した者

後援会会長挨拶

富山高等専門学校後援会会長
吉田 功

 富山高等専門学校を目指す皆さまへ

 富山高専は本郷・射水と二つのキャンパスを保有し工学系・人文社会系・商船系の学科があり、中学卒業から直ぐに高等教育を受けることができます。卒業までの5年間に、高度な専門知識を実験・実習を通して多く学び、吸収して自身の能力を大きく伸ばすことができます。高校とも大学とも違う雰囲気で、両方の特徴が盛り込まれています。
 自宅から遠い場合でも学生寮が整備されており、県外からも多くの学生が集まり、寮での共同生活を送り協調性、自主性も養われています。
 私は自分の子供が高専に入学し、恵まれた環境のもと、年々成長しつつ、自主的に学ぶ姿を確認することが出来て大変うれしく感じております。
 卒業後の進路も幅広い選択肢があり、多くの企業が高専生を求めており、就職希望者の就職率はほぼ100%、進学希望者は本校の専攻科や全国の大学への編入学を選択することもできます。高専生は様々な分野にグローバルで活躍しております。

 後援会活動は校長先生を始めとした教職員の皆様と協力し、学生達の主体性を尊重し、学業、部活動等多岐に渡り支援を行っております。昨今のコロナ禍で学生生活の変化が大きく、今後も予想が難しい状況ですが、学生達は日々学び、高専生らしく成長しています。今後も後援会へのご支援よろしくお願い申し上げます。