HOMEトピックス富山県機電工業会主催論文「ものづくりinとやま」で2名が奨励賞を受賞しました

富山県機電工業会主催論文「ものづくりinとやま」で2名が奨励賞を受賞しました

富山県機電工業会が主催している論文「ものづくりinとやま」において,電子情報工学科5年 河合 怜さんとエコデザイン工学専攻1年 池田 遼さんが大学・高専の部で奨励賞を受賞しました。

本論文は次世代の日本,富山県を担っていく学生がものづくりに対しどのような思い,考えを持っているかをテーマとして募集され,優秀な論文が表彰されるものです。

河合さんは全国高専ロボットコンテストへの参加を通じて学んだものづくりにおける独創性の大切さと,社会で役立つためのものづくりについて論じました。  

池田さんは従来の高品質かつ安価なものづくりから,価値観の多様化により,消費者の欲求に合わせた質の高い製品をどのようにしてつくるかについて論じました。

奨励賞電子情報工学科5年河合 怜さん論文題目「ロボコンから学んだものづくり」
エコデザイン工学専攻1年池田 遼さん論文題目「ものづくりに対する新たな姿勢」

校長から表彰された河合さん(写真左),池田さん(写真右)