HOME教員情報機械システム工学科高橋 勝彦

教員情報

高橋 勝彦教授

たかはし かつひこ

博士(工学)

授業担当科目
材料プロセス,製造と加工,生産・品質管理,熱力学など
所属学会
鉄鋼協会,日本金属学会,粉体粉末冶金協会
専門分野
素材プロセス
校務分掌
副専攻科長,野球部顧問
E-mail
taka[at]nc-toyama.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

researchmap

研究テーマ

  1. ナノ粒子分散強化材料の新製法に関する研究
  2. CO2排出量削減を目的にした固体炭素による低温・高速還元に関する研究
  3. 表面処理による一般構造用鋼材の高機能化

技術相談分野

  1. 有価金属元素のリサイクル
  2. XRDによる材料組織解析

教育研究実績

・酸化鉄の非等温還元挙動におよぼすバイオマス由来炭材の影響:中山武志, 高橋勝彦, CAMP-ISIJ, (2017) PS-11
・Surface modification of magnesium alloy by shot lining and laser heating:Y. Harada, M. Matsumoto, M. Nunobiki and K. Takahashi, Materials Science Forum ISSN:1662-9760, Vol. 879, (2016) p.703-708
・Formation of Fe-Al Intermetallic Compound Film on Carbon Steel by Shot Peening and Heat Treatment:Y. Harada, Y. Miura and K. Takahashi, Advanced Materials Research, Vol. 409 (2012) p.802-807
・酸素濃淡電池によるバイオマス由来炭材の反応性の検討:高橋勝彦, 竹中俊英,尾山由紀子, CAMP-ISIJ, Vol.23 (2010) 965
・(Fe,Al)2O3からCO-CO2で還元されたAl2O3分散鉄の微細組織 : 高橋勝彦, 川上正博, 鉄と鋼, Vol.94・No.7, (2008), p.231-237