HOME教員情報物質化学工学科迫野 奈緒美

教員情報

迫野 奈緒美

迫野 奈緒美助教

さこの なおみ

博士(工学)

授業担当科目
物理化学Ⅱ,無機化学Ⅰ,無機材料特論
所属学会
日本化学会,化学工学会,エアロゾル学会,分子科学会
専門分野
物理化学,ナノ材料科学
校務分掌
囲碁・将棋部顧問
E-mail
nsakono[at]nc-toyama.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

研究テーマ

  1. 気相中における金属ナノ粒子の生成と構造評価に関する研究
  2. 金属ナノ粒子の触媒活性に関する研究
  3. 液相中における金属ナノ構造体に関する研究

技術相談分野

  1. 金属ナノ粒子に関すること
  2. エアロゾルに関すること

教育研究実績

  1. Isamu Ogura, Naomi Hashimoto, Mari Kotake, Hiromu Sakurai, Atsuo Kishimoto, Kazumasa Honda.:“Aerosol Particle Collection Efficiency of Holey Carbon Film-Coated TEM Grids” Aerosol Science and Technology 48 (7), 758, 2014.
  2. Naomi Hashimoto, Isamu Ogura, Mari Kotake, Atsuo Kishimoto, Kazumasa Honda.:”Evaluating the capabilities of portable black carbon monitors and photometers for measuring airborne carbon nanotubes” Journal of Nanoparticle Research 15 (11), 2033, 2013.
  3. Annette Barchanski*,Naomi Hashimoto*, Svea Petersen, Laszlo Csaba Sajti, Stephan Barcikowski:”Impact of spacer design on oligonucleotide-conjugation to laser-generated gold nanoparticles”, Bioconjugate Chemistry23(5), 908, 2012.(* is equal contribution)
  4. Naomi Hashimoto, Naoki Nishida, Haruno Murayama, Hideki Tanaka:”Stable transport if gas-born Ag nanoparticles into liquid phase mediated by polyvinylpyrrolidone molecules” Chemistry Letters, 40, 144, 2011. 
  5. Haruno Murayama,Naomi Hashimoto, Hideki Tanaka:”Ag triangular nanoplates synthesized by photo-induced reduction : Structure analysis and stability”, Chemical Physics Letters482, 291-295, 2009.

コメント

 金属ナノ粒子を様々な手法で生成・構造評価し、触媒やバイオセンシングなどへの応用に向けた研究を進めていきたいと考えております。
 どうぞよろしくお願いします。