HOME教員情報電気制御システム工学科西島 健一

教員情報

西島 健一講師

にしじま けんいち

博士(工学)

授業担当科目
応用数学Ⅳ,技術者倫理,電気回路特論,パワーエレクトロニクス特論,電磁波工学
所属学会
電気学会,パワ-エレクトロニクス学会,日本磁気学会
専門分野
スイッチング電源,EMCノイズ
校務分掌
寮務主事補,バドミントン部顧問
E-mail
nishijima[at]nc-toyama.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

researchmap

研究テーマ

  1. スイッチング電源に関する研究
  2. EMCノイズに関する研究

技術相談分野

  1. スイッチング電源(AC/DCコンバータ、DC/DCコンバータ)
  2. 電子機器のノイズ対策

教育研究実績

  • 西島健一:「電子機器の小型化・低待機電力トレンドと新伝導EMI規格を両立するためのスイッチング電源の低ノイズ化に関する実験的検討」,パワ-エレクトロニクス学会誌, vol.44,pp.73-79(2019).
  • 西島健一,池田愼治:「150kHz以下伝導EMIノイズ規制に対するスイッチング電源ノイズの低減化に関する検討」,パワ-エレクトロニクス学会誌, vol.43,pp.81-88(2018).
  • 西島健一:「スイッチング電源装置の制御回路およびスイッチング電源装置」,特許6497144,2019.
  • Kenichi Nishijima:「Linearly approximated hershey's kiss frequency sweep for switching power supply device」,US9882496,2018.
  • 西島健一:「150kHz以下伝導EMIのフィルタ低減効果とEMCノイズ対策のアプローチに関する検討」,マグネティックス研資MAG-18-158(2018).

コメント

 これからのエレクトロニクス社会では,IoTに代表されるように電子機器同士が安定につながり,限られたエネルギーを有効に活用することが重要になります。この実現を図るためには,高効率かつEMCノイズ性能に優れた電子機器の心臓部に相当するスイッチング電源の研究・開発技術が不可欠となります。グローバル社会で実践的に役立つ研究,および将来に向けた電源自身でリアルタイムに最適動作モードを決定・実現する「考える電源,AI搭載電源」など新しいことにチャレンジした研究を進めていきたいと考えています。