HOME教員情報機械システム工学科池田 英俊

教員情報

池田 英俊

池田 英俊准教授

いけだ ひでとし

博士(情報科学)

授業担当科目
特別演習(PBL),実用技術英語Ⅰ など
所属学会
日本ロボット学会,IEEE
専門分野
ロボット工学
校務分掌
教務主事補,水泳部顧問,茶道部顧問
E-mail
ikedah[at]nc-toyama.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

researchmap

研究テーマ

  1. 複数の車輪型移動ロボットによる協調段差移動に関する研究
  2. 人間のハンドリング動作を模倣するシート状ロボットハンドの開発

技術相談分野

  1. 車輪型移動システムの開発
  2. 介護機器の開発

教育研究実績

受賞歴

Hidetoshi Ikeda, Best Presentation Award, 2019 The 4th International Conference on Control, Robotics and Cybernetics

 

最近の主な査読付き原著論文,査読付き著書,国際会議プロシーディングス

池田英俊,山口雄大,上田遼,佐伯拓未,坂本真滉,水上裕太,金子慎一郎,佐藤圭祐,折りたたみ可能な平面機構を有するロボットハンド, -ハードウェアの概要と人間の手の形状模倣戦略-,日本ロボット学会誌 (2021)

H. Ikeda, T. Toyama, D. Maki, K. Sato, E. Nakano, Cooperative step-climbing strategy using an autonomous wheelchair and a robot, Robotics and Autonomous Systems, Volume 135, 103670, pp.1--11 (2021)

    H. Ikeda, N. Muranaka, K. Sato, E. Nakano, Cooperative step climbing using connected wheeled robots and evaluation of remote operability, “Industrial Robotics – New Paradigms”, IntechOpen, ISBN 978-1-83880-734-4, DOI: 10.5772/intechopen.90162 (2019)

    H. Ikeda, T. Tohyama, D. Maki, K. Sato, E. Nakano, Autonomous Step Climbing Strategy Using a Wheelchair and Care Robot, 2019 The 4th International Conference on Control, Robotics and Cybernetics, TK1-052, pp.75-80 (2019)

    H. Ikeda, T. Kawabe, R. Wada, K. Sato, Step-Climbing Tactics Using a Mobile Robot Pushing a Hand Cart, Applied Sciences, Vol. 8, No. 11, 2114 [15 pages long ] (2018)

    H. Ikeda, Step climbing strategy for a wheelchair, Advances in Intelligent Systems: Reviews Book series (Editor: Sergey Y. Yurish), Vol. 1, IFSA Publishing, S.L. (Barcelona, Spain), Chapter 10, pp.249-288 (2017)

    H. Ikeda, K. Hashimoto, D. Murayama, R. Yamazaki, E. Nakano, Collision avoidance between a wheelchair front wheels and a step wall during step climbing using a care robot, Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal, Vol.2, No. 3, pp.732-740 (2017)

    H. Ikeda, K. Hashimoto, D. Murayama, R. Yamazaki, E. Nakano, Robot teleoperation support system for collision avoidance between wheelchair front wheels and a step, The 2016 IEEE International Conference on Simulation, Modeling, and Programming for Autonomous Robots, pp.203-209 (2016)

    H. Ikeda, N. Yamashima, S. Haruta, E. Nakano, Docking method for a wheelchair and a care robot using both teleoperation and autonomous control, International Journal of Mechanical Engineering and Robotics Research, Vol.5, No.2, pp.82-89 (2016)

    ほか

    競争的研究資金獲得状況

      池田英俊,佐藤圭祐,金子慎一郎,人間のハンドリング動作を模倣するシート状ロボットハンドの開発,科研費 基盤研究 (C),H30~H32,研究代表者

      ・ 平成28年第3期 三豊科学技術振興協会 国際交流 渡航助成,“Robot teleoperation support system for collision avoidance between wheelchair front wheels and a step, 2016 IEEE International Conference on Simulation, Modeling, and Programming for Autonomous Robots”,研究代表者

      ・ 平成28年度 人工知能研究財団 研究助成,“複数ロボットの情報統合による高度知能化と移動不能車両の救援システムの構築”,研究代表者

      ・ 平成25年度 公益財団法人 栢森情報科学振興財団 研究助成,“移動支援機器を中心とした分散型介護システムの実現”,研究代表者

      ・ 平成25年度 第4期 公益財団法人 三豊科学技術振興協会 国際交流助成,“Step Moving for an Electric Wheelchair Using a Robot Programmable over the Intranet, 2nd International Conference on Mechanical Manufacturing and Control”,研究代表者

      ・ 第27回 (2011年度) マツダ研究助成-科学技術振興関係-,“低出力モータで駆動するロボットによる重量台車の段差搬送技術の確立”,研究代表者

      ・ 財団法人 大川情報通信基金 2008年度 研究助成,“ネットワークロボットを用いた車いす段差移動手法”,研究代表者

      ・ 平成19年度 大和証券ヘルス事業部 調査研究助成,“肢体不自由者のQOL向上を実現する人間共存型ロボットを用いた車いすの段差移動補助手法の確立”,研究代表者

      ほか

      コメント

      現在、ロボットや介護機器に関する研究を行っています。