HOME教員情報商船学科保前 友高

教員情報

保前 友高

保前 友高教授

ほまえ ともたか

博士(工学)

授業担当科目
力学,材料力学,電気・電子工学他
所属学会
火薬学会,日本高圧力学会他
専門分野
爆発影響評価,爆発衝撃,衝撃圧縮
校務分掌
国際教育センター長,水泳同好会顧問,吹奏楽部顧問
E-mail
homae[at]nc-toyama.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

researchmap

研究テーマ

  1. 火薬類の爆発影響低減化
  2. 高速飛散物からの防護

技術相談分野

  1. 火薬類の爆発影響評価
  2. 高速衝突現象の評価

教育研究実績

  • T. Homae, Y. Sugiyama, K. Wakabayashi, T. Matsumura, and Y. Nakayama, Blast Wave Mitigation from the Straight Tube by Using Water Part I - Small Scale Experiment -Materials Science Forum, 910, 149-154, 2018.
  • T. Homae, Y. Sugiyama, K. Wakabayashi, T. Matsumura, and Y. Nakayama, Water and sand for blast pressure mitigation around a subsurface magazine, Sci. Tech. Energetic Materials, 77, 18, 2016.
  • T. Homae, T. Matsumura, K. Wakabayashi, and Y. Nakayama, Velocity of metal disks accelerated by explosion, Sci. Tech. Energetic Materials, 73, 23, 2012.
  • T. Homae, K. Wakabayashi, T. Matsumura, and Y. Nakayama, Blast pressure distribution around a wall, Sci. Tech. Energetic Materials, 72, 155, 2011.
  • T. Homae, K. Wakabayashi, T. Matsumura, and Y. Nakayama, Dependence of blast attenuation on weight of barrier materials, Materials Science Forum, 566, 179, 2008.

コメント

 意図しない火薬類の爆発による被害を低減化する技術の研究に取り組んでおります。特に、爆発時に周囲に広がる爆風の影響の低減化や高速で飛散する破片からの防護について、主に実験的手法により研究を進めております。また、高速衝突による短時間・単発の凝縮相の衝撃圧縮現象にも関心を持っております。