HOME教員情報物質化学工学科後藤 道理

教員情報

後藤

後藤 道理教授

ごとう みちまさ

博士(薬学)

授業担当科目
生物化学,薬理学,生体物質機能概論
所属学会
日本薬学会,日本化学会,アメリカ化学会
専門分野
薬化学,有機化学
校務分掌
物質化学工学科5年担任,陸上競技部顧問
E-mail
goto[at]nc-toyama.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

researchmap

研究テーマ

  1. フェノール性水酸基を有する新規な抗腫瘍活性発現物質の開発
  2. 新規な抗アレルギー作用発現物質の開発
  3. 酵素を用いた不斉合成

技術相談分野

  1. 多核および温度可変NMR測定
  2. 有機化合物の結晶化

教育研究実績

  • Lipase-catalysed preparation ofoptically active isomers of cyclamen aldehyde; Masashi Kawasaki, Michimasa Goto, Dawel Hu, Naoki Toyooka,Tadashi Kometani, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 96, 27-33, 2013.
  • Lipase-mediated preparation of optically active isomers of Rosaphen; Masashi Kawasaki, Naoki Toyooka,tomoko Saka, Michimasa Goto, Yuji Matsuya, Tadashi Kometani, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 67, 135-142, 2010.
  • Anti-inflammatory Activity  of N-Naphthoyl D-Alanine  in vivo; Michimasa Goto, Hiromi Kataoka,  Yoshie Araya, Masashi Kawasaki,  Kin-ichi Oyama, Masanori Semma, Yoshio Ito, Atsushi Ichikawa, Bull. Korean Chem. Soc., 2009,  30 (4), 781-782

コメント

“科学は芸術である”ことと“美しいものには機能がある”しかし“美しすぎると機能は失われる”ということを若い学生さん達に分ってもらうべく辻説法(雑談)を精力的におこなっている。