HOME教員情報電子情報工学科阿蘇 司

教員情報

阿蘇 司

阿蘇 司教授

あそ つかさ

博士(理学)

授業担当科目
ネットワークシステム工学,通信システム,情報ネットワーク等
所属学会
情報処理学会,医学物理学会,IEEE,日本物理学会
専門分野
放射線物理,シミュレーション,分散処理
校務分掌
専攻科長
E-mail
aso[at]nc-toyama.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

researchmap

研究テーマ

  1. 放射線シミュレーションの開発研究
  2. 放射線医療の精度向上のための技術開発研究
  3. 分散環境でのシミュレーション効率化のための開発研究

技術相談分野

  1. 放射線計測システムの設計や評価に関すること
  2. ネッワークを含むソフトウェア開発に関すること
  3. 放射線シミュレーションの利用に関すること

教育研究実績

  • 荒木不二男 編著 日本医学物理学会監修,放射線治療物理学,国際文献社,全319頁,執筆担当部分 5.2節Geant4コード,(2016) pp.235-242.
  • B.Benii, T.Aso, M.Shoji, M.Hara, T.Furusawa, T.Yoshimura, Y.Kato,”Analysis of 25I spectral characteristics in liquid scintillation counter by using Geant4 Monte Carlo simulation, Proceedings of Asia Simulation Conference (AsiaSim2015), (2015) 718-725.
  • 阿蘇司,大町千尋,歳藤利行,前田嘉一,佐々木節,西尾禎治,教育講座-モンテカルロシミュレーションの放射線技術への応用(8)放射線治療領域その2〜放射線治療領域での応用について、荷電粒子を中心に〜,日本放射線技術学会誌,第71巻第7号, 日本放射線技術学会 (2015) 623-630.
  • G Iwai, W Takase, T Aso, Y Watase, T Sasaki, T Akagi, T Yamashita, Y Maeda and T Nishio, “Common platform of Monte Carlo dose calculation on universal grid interface with Geant4 based particle therapy simulation framework”,Proc. ICCR2013, IOP Publishing, J. Phys. Conf. Ser. 489(2014) 012001.
  • Takashi Akagi,Tsukasa Aso, Go Iwai, Akinori Kimura, Satoru Kameoka, Se Beyong Lee, Yoshikazu Maeda, Naruhito Matsufuji, Teiji Nishio, Chihiro Omachi, Seyjoon Park, Takashi Sasaki, Toshiyuki Toshito, Wataru Takase, Tomohiro Yamashita and Yoshiyuki Watase, “Geant4-based particle therapy simulation framework for verification of dose distributions in proton therapy facilities”, Prog. Nucl.Sci.Technol. Vol. 4 (2014) 896-900.
  • Tsukasa Aso, Yoshikazu Maeda, Go Iwai, Wataru Takase, Takashi Sasaki, Yoshiyuki Watase, Tomohiro Yamashita, Takashi Akagi and Yuki Nakano,” Extension of the Particle Therapy Simulation Framework to Hospital Information Systems and Multi-grid Environments”, Proc. ICCSE2012, IEEE Computer Society (2012) 229-234. 
  • T.Yamashita, T.Akagi, T.Aso, A.Kimura and T.Sasaki, “Effect of inhomogeneity in patient’s body on the accuracy of pencil beam algorithm in comparison to Monte Carlo”, Phys. Med. Biol. 57 (2012) pp. 7673-7688.
  • 科学研究費(挑戦的萌芽研究)研究代表者,”放射線物理と分子化学を融合した液体シンチレータの発光・消光シミュレータ開発”,平成26年度-平成28年度.
  • 科学研究費(基盤研究C)研究代表者,"多重画像の撮像が可能な陽子線ラジオグラフィの開発研究",平成23年度-平成25年度.

コメント

 がんを切らずに治す放射線医療の研究に携わっています。放射線を医療に用いるための装置開発や改良方法について、安全性や正確性の面からシミュレーションを用いて研究しています。また、クラウドやグリッド技術など、分散環境の利用方法についても放射線医療のシミュレーションを通じて取り組んでいます。