HOME教員情報河合 恒

教員情報

河合 恒

河合 恒特命准教授

かわご ひさし

修士(文学)

授業担当科目
日本語表現,基礎日本語読解,日本語基礎文法Ⅰ,科学技術日本語Ⅰ,日本事情
所属学会
日本近代文学会,昭和文学会,日本文学協会など
専門分野
日本近現代文学,国語教育
E-mail
kawago[at]nc-toyama.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

researchmap

研究テーマ

  1. 村上春樹研究
  2. 幕末・明治初期文学の研究
  3. 翻訳・翻案と創作

技術相談分野

  1. 国語教育
  2. 文章表現
  3. 小論文・キャリアデザイン

教育研究実績

  1. 「「レーダーホーゼン」の方法と重訳―村上文学の世界的受容をめぐって―」,研究ノート・日本文学の地平へ向けて,2013年3月
  2. 「村上春樹とジャズ―言語相対化の様相―」,國學院大學大学院紀要(42輯),2011年3月
  3. 「「無用の人」の論理と情理―『柳橋新誌』二編への道程―」,成島柳北・服部撫松研究ノート,2009年3月
  4. 「村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」論―世界と共振する〈踊り〉―」國學院雑誌(107巻6号),2006年6月
  5. 「斎藤緑雨『かくれんぼ』における〈叙〉の意義」,國學院雑誌(106巻10号),2005年10月

コメント

 転換期にあらわれる新しい〈ことば〉や〈表現〉の成立過程を考えていくことに興味があります。近年では、いろいろな意味での〈翻訳〉がテーマになってきました。