HOME富山高等専門学校同窓会

富山高等専門学校同窓会

同窓会会長挨拶

富山高等専門学校同窓会長
稲積 佐門

 同窓会の皆さん、こんにちは。
 この度、富山高専同窓会長を仰せつかりました、稲積です。
 私は2006年に射水キャンパスを卒業しました。卒業後は、大学編入、サラリーマンを経験し、5年前から地元の氷見市で市議会議員をさせて頂いています。
 近年、色々なところで世代交代の波が押し寄せてきているように感じます。時代の変わり目、この日本においても「平成」から「令和」という新たな時代がスタートしました。自分自身、まだまだ未熟ものではありますが、諸先輩方がこれまで作り上げてきた、工業高専と商船高専、それぞれの伝統をしっかりと継承しながらも新たな時代の新たな富山高専同窓会をスタートしていくために全力で取り組んでいきたいと思っています。そのためにも、同窓会をはじめ、学校・後援会、並びに技術振興会との協議、連携を密にし、同窓会運営を前に進めていきたいと思っております。
 最後になりますが、同窓会会員の皆様にご健勝を祈念いたしまして挨拶とさせていただきます。