TOPICS

第11回全国高専テクノフォーラムが開催

  第11回全国高専テクノフォーラムが「高専制度創設50年、さまざまな絆で新たな発展」をテーマに名古屋の愛知県産業労働センター(ウインクあいち)において、豊田高専が世話校となり、8月20日(火)に開催されました。このフォーラムは、産学官交流の推進を目的に平成15年に設置され、開催地をブロックごとの持ち回りとし、今回は東海北陸地区の開催となりました。大学及び企業との連携という観点から、豊橋技術科学大学井上 光輝 副学長と名城大学法科大学院講師(元トヨタ自動車株式会社知的財産部長)青山 高美 氏の基調講演、企業などから高専に求めるニーズに関するパネル討論、本校から6社の企業に依頼したパネル展示や高専による技術相談、そして企業・高専によるニーズ・シーズプレゼンテーションが行われました。また、一般市民向けのイベントとして、高専ロボコン・ロボカップ等のデモンストレーションや小中学生向けの理科工作教室も開催され、会場は大いに賑わいました。

1.jpg2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左:「高専制度創設50年、高専に求めるもの」と題して行われたパネル討論の様子

右:高田教授の司会で進められた企業・高専によるニーズ・シーズプレゼンテーション

 

 

 


 

ページ先頭へ▲