TOPICS

教職員を対象に救命講習会を開催しました

20110623135806_IMZ_5065.jpg

6月13日(月),射水キャンパスにおいて射水市新湊消防署の指導による救命講習会を実施,20名の教職員が受講しました。
参加者は,講師から心肺蘇生法などの説明を受けた後,ダミー人形を相手に人工呼吸や心臓マッサージ(胸骨圧迫),さらにAED(自動体外式除細動器)による電気ショックなど一連の救命手順について練習を行いました。

講習会の最後には,具体的な事例を想定した実技試験を行い,今回の参加者全員が試験に合格したことにより,後日射水市消防長から「修了証」が交付され,射水市応急手当員として認定されることになります。

ページ先頭へ▲