TOPICS

大型エネルギー教育実験設備導入発表会・見学会を開催

 3月25日(火),本郷キャンパスにおいて,大型エネルギー教育実験設備導入発表会・見学会を開催し,地域の企業の方々,中学生,本校教職員ら約100名が参加しました。
 本校では太陽光発電を中心とした再生可能エネルギー関連教育実験システムとして,本郷キャンパスにおいて,太陽光,極小水力,低温度差の発電施設,及び発生した電気を電気自動車,植物工場で利用,あるいは蓄電池に貯めることができるシステムを導入し,射水キャンパスでは太陽光発電とエコハウス,蓄電池からなるシステムを導入しました。
発表会では,本校石原外美校長より設備の概要説明の後,担当教員から詳細なシステムの説明がありました。見学会では,本校教員が説明する中多くの質問がよせられるなど,見学会は盛況のうちに終了しました。

 今後は本システムを用いて,全学科においてエネルギーとコンピュータネットワークの実験実習を行うとともに,専門学科ではスマートグリッド時代を指向した実証研究を行う予定としています。

ogata1.jpg ogata2.jpg ogata3.jpg

左:説明する石原校長  中央:小水力発電システムについて説明を受ける中学生

右:極低温差発電の説明を受ける参加者


 

ページ先頭へ▲