HOME > 技術振興会について

技術振興会について

ごあいさつ

 富山工業高専と富山商船高専は平成21年10月に統合し、「富山高等専門学校」に生まれ変わりました。国立富山高専は2つのキャンパス(本郷キャンパス:旧富山工業高専、射水キャンパス:旧富山商船高専)、6つの学科(機械システム工学科、電気制御システム工学科、物質化学工学科、電子情報工学科、国際ビジネス学科、商船学科)から構成されており、工学系4学科、人文社会系1学科、商船系1学科を擁する全国の高専の中でもユニークな分野多様性を持つこととなり、高度化再編されました。

 富山高専のさまざまな活動を通じて、「地域が富山高専を育て、富山高専が地域社会に貢献する」という産・学・官三位一体となった双方向の結びつきがより強力に推進されることは、地域産業界としても大いに期待を寄せるところであり、これらの活動を活発に行っていただくためには、地域の産業界もこれまで以上の協力が不可欠であると考えられる次第です。

 つきましては、同校における教育研究活動に対し、その機能をより高めるべく一層の協力を図るとともに、地域産業界との円滑な連携・交流を深めるために、「富山高等専門学校技術振興会」にご入会いただき、ご協力賜わりますよう、お願い申し上げます。

富山高等専門学校技術振興会会長  石 﨑 大 善