Archive for 12 月 17th, 2009

木曜日, 12 月 17th, 2009 | Author: admin

去る12月16日(水)にKOSEN Cafeにて行われたイベント、遊-友-YOU放課後塾特別企画「OBによる“一味違う”講演と懇談の集い」予告はこちら)の実施報告です。

本日の案内看板司会進行は川淵先生が行いました。講演に先立ちまして、「自分は清水先生の店によく食事に行く。とてもいい店。今日は特に学校では教えてくれないこと、経験できないことを話してもらいたい」と述べられました。

その後、清水先生自身による自己紹介や、高専生へのメッセージ、自分のお店を持って経営することの魅力などをご講演されました。

自己紹介

講師プロフィール
講演者の清水先生清水智紀(しみずともき)/28歳
居酒屋「せからしや」店主

学歴・職歴
・昭和56年10月 富山市呉羽に生まれる
・平成14年3月 富山高専物質工学科 卒業
・平成14年9月 居酒屋「酒楽」 勤務
・平成19年9月 居酒屋「せからしや」 開店

趣味・特技
講師プロフィール・音楽関係全般(演奏をする・聞く)
・人生についての考え事(悩み事有り)
・ネタや演出の考案(超ロマンチスト)
・美味しいお酒を探すこと、料理(居酒屋系のみ)
・仕事! 店舗考案

好きなもの
・音楽->ゆず、ジョンレノンなど
・食べ物->鶏肉、ししゃも
・飲み物->きなこ豆乳
・言葉->必死
・場所->寺

嫌いなもの
・道理のない人

夢 ~ 動けば、変わる

夢や目標を持とう
出会いを大切に夢は、それだけでワクワク感や責任感を与えてくれます。たくさんの夢を持ちましょう。ドンドンやりましょう。失敗したって許してくれますよ。若さは特権なんだから。大人は多少の失敗を許してくれるものです。年を取ってゆくとそうでもなくなるけど。だから失敗を恐れずにね!

出会いを大切に
その人にやってくる出会いは、望む望まないにかかわらず、その人の運命を左右します。人間関係に出会う。職場環境に出会う。ウマが合わない人と毎日会うのはいやですよね。それで悩む人はたくさんいます。自分もそうです。仕事に悩んでいる人がいたら自分なら転職をお勧めしますね。でも出会い自体は悪いものではないですよ。

憧れも大事
こんな人になりたいなとか、尊敬できる人だなとか、そう感じる人に会うことはありますか? 自分が何かに憧れる気持ちって大切なんですよ。自分の場合は、それがバイト先の社長だったり、ジョン・レノンだったりしました。立派な仕事をしたり平和のメッセージを与え続けた彼らのことは、常に意識しています。人は他人に依存し影響を受けるものなのです。だから良い影響を受けるために、できるだけ尊敬する人物の側にいましょう。

諦めないで
人生を楽しく生きるためにやりたいと思うことはドンドンやって下さい。後悔というのはやらなかった方が大きく残るものです。本気で挑戦すれば、やむなく断念することになっても、いずれ糧となってその人を成長させます。ただし見極めは大切。戻るか進むか常に悩みは出てきます。あと、何よりも大切なのは「人に優しく」ってこと。

ところで、自分の夢は・・・
苦労して始めた自分の店ですから、まずはこの店を存続させることですね。そして次に新店を作ることで、こちらも着々と開店準備中です。しかし夢を実現するには自分が元気でいることも大事です。楽しさが自分を元気にします。だから楽しくないとね。
あと、大きな夢は株式会社を作ることです。

人生を楽しむコツとは
まずは、「ネタ作り」です。
失敗したりコンプレックスを持ったりしても、そのままにしておくのはもったいないことです。貴重でおもしろい話のネタに変えましょう。リアルで貴重な経験は、会話を弾ませ楽しいコミュニケーションを演出する、話題の引き出しになります。

そして、「ヒト作り」です。
友達や仲間と助け合いましょう。助け合える人間関係を築きましょう。

学生および先生との質疑応答

Q:大切な人が問題にぶち当たったらどうアドバイスするか?(学生)
質疑応答A:本人の意思を尊重した上で、そこに自分の意見を重ねる。当人の問題は当人に問題を解決してもらうしかないですね。

Q:夢を持ちすぎてマイナスになるパターンもあると思うが?(学生)
A:本気でやれば問題ありません! 夢はないよりはあった方がよい。たくさん夢を持って欲しい。数が多くても心配いらない。自然と絞れていくから。

Q:結婚については?(川淵先生)
A:結婚したい夢は持っている。ネタ作り->ヒト作り->ヨメ作りへと発展してゆきたい。がんばります。

Q:二度としたくない苦労はありますか?(太田先生)
A:仕事のストレスで病気になったことが2度ある。あのときはつらかった。また、雇い主とトラブルになって人間関係にも金銭的にも困ったことがある。しかし親と友人に助けられた。そのとき人を失う怖さを知りました。

講演後のインタビュー

高専の学生だった当時のこと

Q:どんな学生でしたか?
どんな学生でしたか?A:当時は物質工学科でした。畔田、河合、宮谷先生に担任でお世話になった。自分の時代はやんちゃをする学生が多かった。今はみな真面目だなと思う。
もう少し壊れたり、先生に迷惑を掛けた方が楽しいと思う。

Q:熱中したクラブ活動とかは?
A:吹奏楽とバンドをやっていた。音楽は当時から好き。

Q:今の自分に役立っていることは?
A:富山高専の自由な校風が良かった。自分に自由が身についているのは高専で過ごしたから。

Q:印象に残る想い出は?
A:畔田先生に締め出しを食らったこと。

Q:KosenCafeについてどう思うか
A:何にでも使えるスペースがあってうらやましい。小イベントにも使える。自分が今学生だったらクラブのサボり場として使うかも。

お店のこと

Q:店名の「せからしや」とはどんな意味ですか?
「せからしや」についてA:「せからしい」は熊本の方言で、いい意味でうるさいってこと(気ぜわしいとか面倒見が良いとかの意味もある)。富山弁では「しょわしない」に近い。熊本出身の師匠への敬意を込めてある。

Q:大事にしていること
A:お客さんに声を掛けて、言葉を交わすこと。そしていい店を作ること。

Q:オススメ料理は?
A:薩摩地鶏の料理に自信あり。学生は飲めないので、ご飯だけでも食べに来て下さい。ちなみにテーブル10席とカウンター6席の少人数で落ち着ける店です。

Q:最後に、高専生に一言
A:「負けるな」ってことですね。時代にも人にも負けるな。くじけそうになったら俺のところへ来い!

学生から講師へのメッセージ

・つまらないチェーン店にはならないで下さい。

・自分の夢は漠然としているが、夢を実現した先生の話は参考にしたい。

・自分と考えが一緒なので共感できてうれしかった。

最後に

夢も自由も感じさせる、ロックな感じの清水先生の講演でした。
(一方で、実はお店は人情居酒屋? 実は演歌が似合う? という感じも)
バイタリティがあふれる清水先生は、店に来ればどんな話でも聞くとおっしゃっていましたので、悩みや興味を持った学生は一度行ってみてください。ただし未成年はアルコールは禁止ですよー!

【参考】
HP:居酒屋YATAIせからしや
ブログ:せからしや 酒小僧ともちゃんの飲?日記

木曜日, 12 月 17th, 2009 | Author: admin

christmaspartyもうすぐ楽しい年末年始♪

おやすみに入る直前にCafeでクリスマスを楽しんじゃいませんか?

温かい飲み物でゆっくりするも良し。

みんなでワイワイ遊んで喋るも良し。

Cafeからのプレゼント的なこの企画もあり!!

Cafeに来ると楽しいことが待っているかも☆

ぜひぜひ足を運んでみてください。

日時:12月22日(火)16:30~18:30

場所:KOSEN Cafe(図書館1F)

木曜日, 12 月 17th, 2009 | Author: admin

料理体験企画かんたんケーキとクッキー作り誰でも手軽に出来るかんたん料理体験企画です。

初心者、未経験者OK!

参加希望の方は2名~3名1班で応募してください。

応募用紙は学務課前またはKOSEN Cafeにあります!!

なお応募者多数の場合は抽選になります。

また2日間の参加が難しいという場合でも、ご相談下さい。

ご応募お待ちしています!

日時:12月21日(月)、22日(火) 16:30~18:30(開始時間は調整可能です)

1日目(スポンジ作り) 2日目(デコレーションなど)

場所:合宿研修所