世界に学び地域に還す,ものづくり環境教育 ?多文化共生・持続的社会の実現に向けた技術者の使命を学ぶための?

富山工業高等専門学校と富山商船高等専門学校は、
2009年10月1日に高度化再編し、富山高等専門学校が誕生しました。

セミナー&シンポジウム

第9回ESDセミナー:パーム油のはなし~環境にやさしいってなんだろう~(本郷キャンパス)

2009.12.9

マレーシアの主要産業である「パームオイル」を題材に,ESDの実績が豊富な講師を招きセミナーを開催することで,内容や手法,学生の反応などを,本校における技術者のためのESD構築の参考とした。

第8回ESDセミナー:理工系学生のための分かりやすい技術英文テクニカル・ライティングセミナー

2009.11.13

田皇毅氏(日本工業英語協会専任講師)を講師に迎え,技術英文をを作成する際に共通する「これだけは押えておきたい」と言われている英文法,構文,表現などに特に着目し,技術英文ライティング力を身につけることを目標とする。

第7回ESDセミナー(1):ICT and Society ? A trip to the future

2009.10.27

未来へ向けた取り組みに必要な力や考え方を,学び育むことを意図して,英国北アイルランドからブリティッシュ・テレコム(BT)の副社長としてナノテクノロジーに詳しいジョージ・グラス氏を招待し,講演会が開催された。

第7回ESDセミナー(2):北アイルランドの教育事情

2009.10.27

英国北アイルランドの風土と教育現場の様子を見聞する機会を学生に与え,グローバルな視点をもったエンジニアになることを目的とした講演会を開催した。

第6回ESDセミナー:パーム油のはなし~環境にやさしいってなんだろう~(射水キャンパス)

2009.7.21

荒川共生さんをファシリテーターに迎えて,ワークショップを通じて,持続可能な社会と開発とは何かを考えさせることを意図した。パーム油(油ヤシ)を取り巻く課題について学ぶ目的で,参加体験型ワークショップを開催し,持続的社会構築のために,今後はどう環境と向き合っていくべきかを考えさせる場を提供した。

第5回ESDセミナー:原子力とサステナビリティ

2008.11.5

環境問題はエネルギー問題であるとの視点から,原子力が今後のエネルギーとして非常に重要であるとの講演が行われた。

ESDの構築と実践

授業へのESD導入:環境材料工学科実験へのESD導入の試み

2010.2.28

学生の発達度(学年)や専門,重点的に育成したい能力等によって,より学習効果の大きいと思われる手法を適用することが必要である。T字型知識体系を考慮して学習のテーマを選定し,参加型学習法の開発を目的とした。

授業へのESD導入:専攻科特別実験へのESD導入

2010.2.26

育園,有機農場,デイサービス福祉施設,県青少年自然の家などへ出向き施設の活動状況や社会的ミッション等について調査した。調査の過程で,施設の職員や利用者らとの交流,観察,ヒアリング等を通し,自分たちが取り組むべき課題を見出した。

授業へのESD導入:倫理・哲学教育とESD

2010.2.15

近年「持続可能な開発」というキーワードで焦点化されている経済的・政治的・技術的・文化的・思想的問題系を,倫理・哲学教育における「人間探求」といかに接続するかについて文献による研究を進め,授業への反映を試みた。

授業へのESD導入:物理実験へのエネルギー教育導入の試み

2010.2.15

エネルギー基礎教育の充実をはかるため,低学年における一般物理におけるエネルギー基礎教育を導入することを目的とした。

授業へのESD導入:国語・表現教育への新しい視点の導入の試み

2010.2.15

持続可能な社会の形成に自覚的な人材育成に関わって,以下のような視点から研究考察を進め,授業の実践の中にいかすことを目的とした。

授業へのESD導入:物質工学科実験におけるESD導入の試み~安全教育を中心として~

2010.2.8

これまで行ってきた有機化学実験における安全教育を強化し,自ら安全や環境に配慮し,安全や環境について考えることができ,作業環境や作業後の改善や廃棄物の適切な後処理を正しく出来る力の育成を目的とした試みを行った。

イベント&ニュース

2010.3.31

ESD最終報告書が完成しました。

本現代GPの平成19・20・21年度の活動報告をまとめた中間報告書が完成しました。

2010.3.5

平成21年度現代GPフォーラム

世界に学び地域に還す、ものづくり環境教育
~多文化共生・持続的社会の実現に向けた技術者の使命を学ぶための~

2009.3.15

ESD中間報告書が完成しました。

本現代GPの平成19・20年度の活動報告をまとめた中間報告書が完成しました。