世界に学び地域に還す,ものづくり環境教育 ?多文化共生・持続的社会の実現に向けた技術者の使命を学ぶための?

富山工業高等専門学校と富山商船高等専門学校は、
2009年10月1日に高度化再編し、富山高等専門学校が誕生しました。

授業へのESD導入:環境材料工学科実験へのESD導入の試み

2010.2.28

学生の発達度(学年)や専門,重点的に育成したい能力等によって,より学習効果の大きいと思われる手法を適用することが必要である。T字型知識体系を考慮して学習のテーマを選定し,参加型学習法の開発を目的とした。

授業へのESD導入:専攻科特別実験へのESD導入

2010.2.26

育園,有機農場,デイサービス福祉施設,県青少年自然の家などへ出向き施設の活動状況や社会的ミッション等について調査した。調査の過程で,施設の職員や利用者らとの交流,観察,ヒアリング等を通し,自分たちが取り組むべき課題を見出した。

授業へのESD導入:倫理・哲学教育とESD

2010.2.15

近年「持続可能な開発」というキーワードで焦点化されている経済的・政治的・技術的・文化的・思想的問題系を,倫理・哲学教育における「人間探求」といかに接続するかについて文献による研究を進め,授業への反映を試みた。

授業へのESD導入:物理実験へのエネルギー教育導入の試み

2010.2.15

エネルギー基礎教育の充実をはかるため,低学年における一般物理におけるエネルギー基礎教育を導入することを目的とした。

授業へのESD導入:国語・表現教育への新しい視点の導入の試み

2010.2.15

持続可能な社会の形成に自覚的な人材育成に関わって,以下のような視点から研究考察を進め,授業の実践の中にいかすことを目的とした。

授業へのESD導入:物質工学科実験におけるESD導入の試み~安全教育を中心として~

2010.2.8

これまで行ってきた有機化学実験における安全教育を強化し,自ら安全や環境に配慮し,安全や環境について考えることができ,作業環境や作業後の改善や廃棄物の適切な後処理を正しく出来る力の育成を目的とした試みを行った。

授業へのESD導入:化学実験におけるESDの導入 ?持続可能な社会を考えるきっかけを作る取り組み?

2010.2.3

「身の回りのpH」において発生する廃液が少量になるように配慮して溶液を調製する取り組みと,化学実験「ガラス細工」のときに行っている「地域社会におけるガラスのリサイクル法の調査」を通し、持続可能な社会を考えるきっかけを与えることを目的とする。

授業へのESD導入:全年齢層を対象としたロボットプログラミング教育の試み

2009.10.29

幅広い年齢層にわたってプログラミングに対する興味を持続させることを目的として,LEGO MindStormsを用いたロボットプログラミング講座を企画し,県内のNPOなどを協力して普及を図るために授業やロボットコンテストを開催した。

授業へのESD導入:学科横断型授業への参加型学習導入の試み

2009.9.30

持続可能な社会構築を担う専門的人材育成として,低学年における授業に参加型学習法を導入し,以下のような能力を育成することを目的とした。

砂漠化最前線の地で技術を考えるエコツアー(中国内モンゴル自治区)

2009.6.5

富山商船高専・富山高専の学生が,砂漠化の最前線の地で持続可能性について考えるESDエコツアーの引率に関する継続可能性および方向性を検討するために,視察を行った。

English Dayで小学生と交流学習

2009.6.5

富山商船と15年間の交流があるバリークレア中高等学校と共同で,小学生に対して国際交流の場を提供。テレビ会議やプレゼンテーションを通じて,子どもたちに異文化とのふれあいを体験してもらう。

環境問題を通した英国北アイルランドとの交流学習

2009.6.5

富山商船と15年間の交流があるバリークレア中高等学校の生徒とテレビ会議を開催。学生の環境に対する意識の違いを知り、考察した結果を発表するという活動を通して、自らの意識の向上を図る。