世界に学び地域に還す,ものづくり環境教育 〜多文化共生・持続的社会の実現に向けた技術者の使命を学ぶための〜

富山工業高等専門学校と富山商船高等専門学校は、
2009年10月1日に高度化再編し、富山高等専門学校が誕生しました。

第7回ESDセミナー(1):ICT and Society – A trip to the future

日時
平成21年10月27日(火)13:20~15:05
会場
射水キャンパス 視聴覚室
参加者
情報工学科5年生40名,国際流通学科5年生33名,専攻科学生15名,教職員13名
講師
ジョージ・グラス氏(ブリティッシュ・テレコム副社長)
W. George Glass
George is Vice President and Chief Architect for BT Global Services, with over 20 years experience in IT architecture, design and delivery at BT and its associated global ventures. George is BT’s key technical evangelist for the companies Service Oriented Architecture activities, which is being used to transform BT from a traditional telephone company to a world leader in the provision of networked IT services.
目的および内容
1.目的
 持続可能な開発を通じて全ての人々が安心して暮らせる未来に,ICT開発がどのように関与していくべきなのか,未来社会に視点をもったテクノロジーの開発とは,どのようなもので,どうあるべきかを考えることを目的として,この講演会を企画した。
 持続可能な社会の構築のために,現在の課題を知り,その原因と向き合う。それらを解決するためにできることを考え,実際に行動することが,社会の一員として求められている。また,世界中の人々や将来の世代,みんなが安心して暮らすことのできる社会をめざし,社会的公正の実現や自然環境との共生を重視した新しい「開発」のあり方が求められている。そのために,学生一人ひとりが,互いに協力し合いながら,さまざまな課題に力を合わせて取り組んでいくことが急務である。そうした未来へ向けた取り組みに必要な力や考え方を,学び育むことを意図して,英国北アイルランドからブリティッシュ・テレコム(BT)の副社長としてナノテクノロジーに詳しいジョージ・グラス氏を招待し,講演会が開催された。講演のタイトルは「ICTと社会――未来への旅立ち」である。
 ジョージ・グラス氏の来校は2度目であり,今回の講演では,インターネットで英国と実況中継する形で,新しい技術の実演披露が行われた。
2)講演の要旨 ICT and Society – A trip to the future
発表用スライド


Technology is changing at a rapid rate, and the impact on society is far reaching. With this presentation I want to explain some of the advances in technology, particularly in relationship to telecommunications, and offer some insights into what the impact that these changes might have on how we live our lives. Some of the ideas presented are quite radical, whereas others it would appear, are extremely likely to occur.
I will outline the pace of change of technology and the impacts that those changes have had on our lives. Key to these changes being realised is the continued miniaturisation of machines and the unrelenting increase in computing power and the convergence of this information technology into life changing activities and applications.
As technology advances, and moves from the laboratory to the mass market, new uses of the technology are invented and niche players can have a massive impact on society. Take for example the iPhone, and the simple concept of having a telephone and web based device that has a computing capability to support user developed applications. Almost over night an entire market place has grown from iPhone Apps, not only generating a lot of money for the successful App developer, but also changing the way individuals interact with each other because of the use of these Apps.
With this presentation I will take existing technology capabilities that are at the prototype stage in development, and suggest possible ways of integrating them together to develop an application or device that will change how we live our lives or how we interact with each other.
In the Digital bubble example above, and active device, worn by an individual holds personal information and data about that person, including possibly medical, financial and emotional data. When they come within range of another wearer of a compatible digital bubble, or the wearer of a bubble with the characteristics that the bubble wearer is seeking information is exchanged between bubbles alerting the wearers to each others presence.
In this second example all of the elements of the ‘idea’ are feasible today:- Bluetooth interaction between devices, clothing with sensory receptors that can measure pressure, the encryption of the output of multiple sensors into a data ‘packetʼ that could be transmitted over a network, and mobile data transmission. All of these things together would enable the development of a transmittable hug.
As technology advances and its use widens then the development of ‘virtual’ worlds opens up many opportunities including: new business models, environmentally friendly virtual ‘eco’ tourism and the possibility of interactive learning via sensory enhanced virtual worlds that are not constrained by either time or geography.
The presentation is intended to get the students thinking about the impact of ICT on society. It will introduce them to some of the advances that we are seeing in technology and try and stimulate ideas amongst the students about some possible outcomes of those developments.
総括
 参加学生87名に,ワークショップ終了直後に時間を設定し,振り返り学習として感想を書かせた。
 新しい技術開発ができるためにはどうしたらいいのかという学生の質問に,グラス氏から「それぞれのテクノロジーの一部をあちこちから取り出すことは誰でもできる。それらをどう組み合わせて,もう一つのテクノロジーを創り出すのか?それが新しいテクノロジーを生み出す源になる。Think! Think! Think!」と力説された。聴講し終わった学生の声を紹介する。
  1. ウエアラブル(wearable)コンピューターは,今とても重いノートパソコンを使っている自分にとって夢のあるお話でした。Googleのソフトを使用し,他言語の声を自分の判る言語へと変換できる技術も新鮮なお話でした。
  2. 携帯電話でHugができるのは面白いと思いました。色んな技術を複合させていけば新しい技術が生まれるというのは目からウロコでした。難しいことをいかに簡単に出来るようにするかは大切だ。
  3. ナノテクノロジーをペンキに入れて壁の色を自由に変えることができ,服の中に入れて相手のハグや行為を感じることは,遠くに住んでいてもまるで一緒に住んでいるようだと,感じることが出来ました。このテクノロジーは色々なことに使って世界中の人々と簡単に会話出来たりして,興味深い。
 また,技術革新が社会に及ぼす影響に関し,危惧を感じている学生の感想を,次に紹介する。
  1. コンタクトレンズにナノテクノロジーを入れるのはとても斬新だと思ったし,バーチャルで様々な所に行ける技術を早く完成させてほしいと思った。でもナノテクノロジーでそういった便利なものが出来ると今まで必要だったものの存在価値が無くなって,市場に大きな影響を与えるのではないかという疑問を抱いた。
  2. 将来テクノロジーが発達して行けば,私達の生活はより豊かになる一方で,それに携わっていくエンジニアをはじめとする人々は大変だと思いました。
  3. 現代のテクノロジーは日々進歩していて,私達の想像がつかないほどでした。将来もっとテクノロジーが進歩して便利になればよいと思う反面,全てテクノロジーに頼りすぎるとダメになるとも感じた。便利になることはもちろん良いことだが,昔からあるものも大切にしなくてはいけないと思う。そこを考えながら進歩していくのが課題だと思った。
2009.10.27