世界に学び地域に還す,ものづくり環境教育 〜多文化共生・持続的社会の実現に向けた技術者の使命を学ぶための〜

富山工業高等専門学校と富山商船高等専門学校は、
2009年10月1日に高度化再編し、富山高等専門学校が誕生しました。

調査報告:全日本空輸(東京)

日時
2008年11月30日(日)・12月1日(月)
調査先
全日本空輸(東京)
参加者
宮重徹也 (富山工業高等専門学校)
交通企業は二酸化炭素等の排出による地球温暖化を通して,社会の持続的な発展に悪影響を与えているにも拘らず,メーカーと比較すると,その対応が遅れている。そのような交通企業の中でも,企業の社会的責任(CSR)の一環として,二酸化炭素等の排出抑制などを通して,社会の持続的な発展に積極的に貢献しようとする企業もある。そこで,そのような企業に該当する,全日本空輸のCSR活動の概要とその浸透度を調査することを目的として,企業訪問調査を実施した。
2008.12.1