富山工業高等専門学校・現代GP

2007年10 月の記事

平成19年度 第1回評価委員会の報告 2007年10月17日 水曜日

 平成19年10月17日(水)17:00より、職員談話室にて、平成19年度第1回 評価委員会を開催しました。
 議事要旨はこちらから⇒19-1評価会議事要旨

 評価委員会では、尾間忠則氏(社団法人発明協会富山県支部 専務理事,富山県発明協会 事務局長)、戸田一郎氏(北陸電力エネルギー科学館サイエンス・プロデューサー)、および、棚田久昭氏(ファインネクス株式会社設計部部長)のご出席のもと、今年度の取組状況の中間報告を行い、評価をいただきました。

議事:
1. 事業の取組状況報告
  本校各担当者から,取組状況について次のように報告があった。
  ・本年度の事業概要・・・・・・・・・・・・・・・本江
  ・知財マインド醸成のための授業実践について
    専攻科PBL・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤
  機能材料基礎実験(低学年教育の理科実験)・・・ 山腰
  従来授業における知財マインド教育・・・・・・・白川
  ・工房の整備・運用・・・・・・・・・・・・・・・・岡根
  ・講師招聘・講演会の企画・・・・・・・・・・・・・津森
  ・視察,調査活動・・・・・・・・・・・・・・・・・中村
  ・広報活動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤

2. 各評価委員からのコメント

  • 基礎的な知識に基づいて取り上げたテーマはよかった。
  • 私たちの意見を取り入れていただき,意欲的に取り組んで事業として展開していただいたことにうれしく思う。
  • 発表会では,グループの発表者以外の者は自分も参加している一員という意識が欠けているように感じた。しかし,受け身の授業ではなく,自分たちがこのグループでやったのだというワクワクしたものを感じ,非常に有意義であり,このような授業を継続していただきたい。
  • 発表する際にどういう姿勢で望まなければいけないかなど,発表の仕方を教えることが必要である。
  • 学生に対し,最終目標をどの程度事前に与えていたのかよくわからなかった。
  • できあがった知財でなく,現在の技術がいいのか悪いのかを含め,どの程度今の課題の解決にあたって取り入れるための努力をしたかが見えなかった。
  • 学生には,自分たちの考えたことは今までにないものなのかもしれないと気づいて欲しい。そのためにも以前にどのようなものがあったかを十分調べておく必要がある。
  • 最終型又は目標が何なのか,過程を見ればいいのか最終型に対して現在どういう状況にあるのかを見ればいいのかの判断ができなかった。
  • 全体的にはやる気がみえたし,お互いのグループ意識や独創性が見られよかった。
  • 一般的に高専卒業生は,技術屋として旋盤等を使えることを期待しているため,いろんな装置を使う機会を与えることは大切で,安全の面からも使い方の基本を指導することは重要である。
  • ものづくりの際には,失敗を避けるためにもなるべく図面を書いてから使うようにした方がよい。
  • 工房整備に際し,試みは非常にいいが,学生はクラブ活動等に時間を取られ,なかなか利用時間が確保できず腕を磨くことができないと思われるため,管理運営上大変だろうが利用時間を拡げる工夫を検討願いたい。
  • 最近,インターネットの発達により情報が容易に得られるため,どこまでがオリジナルなものかわからない。現在の情報化社会にとって著作権や特許に関する知識を持つことはとても重要である。
  • 低学年への事業の取組はよい発想だと思うので継続して実施して欲しい。