富山工業高等専門学校・現代GP

2007年5 月の記事

ものづくり工房(仮称)整備の進捗状況 2007年5月8日 火曜日

ものづくり工房ものづくり工房

 実習工場北側の一角に,ものづくり工房(仮称)を整備中です。

 平成18年度は,工作機械類として,タッピング兼用ボール盤,大型糸鋸盤,帯鋸盤などが納入されました。また,各種の工具類を機能的に収納する大型ラックも設置しました。

 平成19年度は,これらに加え,小型旋盤,小型フライス盤を購入する予定で,順次,整備していきます。ここでは,主にアルミニウム合金を中心とした軽金属加工,木工,電気電子工作等,軽作業が中心の工作場として,すべての専門や学年の学生が使用できることを想定しています。

 運用方法,利用方法の詳細については,現在,現代GP実施特別委員会にて策定中ですが,今年度納入予定工作機械類の整備にあわせ,出来るだけ早めにみなさんが利用できるよう準備しています。各授業や課外活動での使用はもちろんのこと,各種実験器具の製作・修理,通学・通勤に使用している自転車の応急修理(?)など,学生たちが気軽に利用し,知的財産の創造を実践的に体験できる工作の場を提供したいと考えています。

 工房の使用・利用に関して,ご意見,ご希望をお待ちしております。詳しくは,お近くの現代GP実施特別委員にお問い合せ下さい。

● 平成18年度 ものづくり工房整備品,消耗品(主なもの)

工作機械・電動工具類:
タッピング兼用ボール盤 大型糸鋸盤 帯鋸盤 スライド式電動丸鋸
箱形定盤(B級) 両頭グラインダ
収納関連用品:
中軽量ラック キャビネット ワークコンテナ
各種工具,小物等:
スパナ ソケットレンチセット モンキーレンチ プライヤー
ペンチ各種 ニッパ各種 六角レンチ ドライバー各種
ヤスリ各種 ハンドタップ(M3~M12) 丸ダイス(M3~M12) ドリル(f1~f10)
ノギス,マイクロメータ等 各種ケガキ用品 各種ボルト・ナット
環境改善用品,その他:
乾湿両用クリーナー ペール缶クリーナー スポットエアコン 爪ジャッキ
はしご兼用脚立 パソコン(無線LAN) ノートパソコン プリンタ
電気電子工作関連:
1/4W抵抗各種 はんだごて 圧着端子等 パーツ類 各種ケーブル類
各種テスタ パーツキャビネット
企画グループ 第5回ミーティング 2007年5月8日 火曜日

日時:5月8日(火)15:05~

場所:教職員談話室

議題:

実施特別委員会をうけて

  1. 各分担進捗状況の報告 
  2. 教育プログラムの募集のつめ
  3. その他
富山高専 現代GP メールマガジン 第4号 発行しました 2007年5月15日 火曜日

★現代GP「知財マインド醸成教育」の今年度の取り組みの概要について

  1. 教育プログラムの募集
  2. 講演会
  3. 外国からの講師招聘
  4. 調査・視察
  5. 広報・フォーラム開催
企画グループ 第6回ミーティング 2007年5月15日 火曜日

日時:5月15日(火) 15:05~

場所:教職員談話室にて

議題:

  1. 各分担進捗状況の報告
    ・広報
    ・講演会の企画
    ・出張分担 など
  2. 教育プログラムの募集のつめ
  3. その他
企画グループ 第7回ミーティング 2007年5月22日 火曜日

日時:5月22日(火) 15:05~

場所:教職員談話室

議題:

  1. 化学系工房の整備の方向性について
  2. 教育プログラムの募集のつめ
  3. その他 各パートの進捗状況
富山高専 現代GP メールマガジン 第5号 発行しました 2007年5月24日 木曜日

★ものづくり工房(仮称)整備を進めています!

★3学年の教育プログラムコースにて「発明を追体験する授業」を開始 

★専攻科一年生では「知財マインド醸成」を目指した特別演習PBLを実施

平成19年度 第2回 現代GP実施特別委員会 2007年5月24日 木曜日

日時:平成19年5月24日(木) 17:00~17:30

議事:

  1. 教育プログラムの募集について
  2. 工房の整備について
  3. 出張計画について
  4. その他
3学年の教育プログラムコースにて「発明を追体験する授業」を開始 2007年5月24日 木曜日

科学史上の発明や発見を追体験する授業圧力利用の講義の後、大気圧を体感する実験をする学生 

 「科学史上の発明や発見を追体験する授業」では、テーマを「蒸気機関」とした実体験型授業を組み立て、実施しています。この授業は、一般科目物理と化学の教員と技術部の技術専門職員2名の計4名で、授業研究・教材開発チームを結成し、後半には国語や歴史の教員も含めながら授業を実施していくという新しい取り組みです。

 テーマは、蒸気機関で、講義、実験、ワークショップなど様々な教授法を組み合わせながら、知的財産が生まれ産業に結びついていく過程を体験することによって、「知財マインド」を醸成することを目指しています。

 半期の授業の前半にあたる今は、講義で基礎知識を学びながらさまざまな実験を体験し、グループで仕事を進めるスキルをワークショップ型授業で体得しています。後半は、前半で得たことを生かして、自由課題に取り組んでいきます。

科学史上の発明や発見を追体験する授業科学史上の発明や発見を追体験する授業

蒸気機関の模型を組み立てながら科学史を学ぶ 

専攻科1年生では知的財産創出を実体験しながら知財マインドを学ぶ 2007年5月24日 木曜日

特別演習 4年目となる専攻科1年生の特別演習にて、従来から取り組んでいるPBLに加えて、「知財マインド醸成」を意識した授業を進めています。
 その一環として、今回、雪国科学株式会社の町屋社長をお招きし、種々の特許を生み出している企業活動の現場から、実社会における知的財産に関して学ぶ機会を作りました。講演では、知的財産を生み出す過程、開発や研究の意義、知的財産保護の意味等について、社長の実体験を交えてわかりやすく説明していただきました。町屋社長の開発にかける情熱や、開発した心や目的を守るために特許というしくみで保護する重要性について、学生は大変熱心に興味関心をもって話をお聞きしました。講演後も質問や議論が1時間あまり続きました。また、実際に、学生たちが取り組んでいるPBLに対しても、問題を絞り込む方法について有意義なアドバイスをいただきました。

企画グループ 第8回ミーティング 2007年5月31日 木曜日

日時:5月31日(木) 10:45~

場所:教職員談話室
議題:

  1. 実行委員会を受けて
  2. その他 各パートの進捗状況