富山工業高等専門学校・現代GP

2007年3 月の記事

富山高専 現代GP メールマガジン 第3号 発行しました 2007年3月6日 火曜日

★今年度の取組の総まとめ、GPフォーラムを開催します

★もうすぐ、パンフレットが完成!

★第2回 評価委員会、開催される

★学生の創造を生み出す工房(仮称)の整備が始まっています

平成18年度 GPフォーラムを開催! 2007年3月12日 月曜日

富山高専現代GPフォーラム富山高専現代GPフォーラム 来る3月9日(金)午後1時より、名鉄トヤマホテルにて、富山高専現代GPフォーラム「知財マインド醸成のための実体験型基礎教育~知的創造サイクルを支える実践的技術者の育成~」を開催しました。

 はじめに、主催者として米田富山高専校長の挨拶、米谷現代GP実施特別委員会委員長から本プログラムの取り組みの概略の説明をしました。

 続いて、知財マインド醸成のための教育プログラムを構築するために大切な視点を教示していただくため、専門家による講演が行われました。

 金沢大学知財本部長 教授の吉国信雄氏より「知的財産活動と研究成果のプロデュース」、宮城教育大学 教授 永田英治氏より「科学の進歩を生み出してきた智の営み」を講演していただき、その内容を受けて「知財マインドとは」をテーマにしたパネルディスカッションを行いました。

富山高専現代GPフォーラム富山高専現代GPフォーラム

 当日は、本校の教職員や学生諸君が現代GPで取り組む教育について共に考え、さらに評価委員や地域企業の方々も多数参加され、地域の皆さまに理解していただく良い機会となりました。