富山工業高等専門学校・現代GP

Home

平成20年度現代GPフォーラム開催 2008年12月13日 土曜日

 サンシップとやまを会場に富山工業高等専門学校現代GPフォーラムを開催し,3 年間の活動のまとめを発表する場としました。

 内容は,「高専における創造性教育と知財教育のこれから」と題した,長野高専の佐野安一教授の基調講演。専攻科PBLに関わってくださっている施設の方と,実際に授業を受けた本校OBを交えたパネルディスカッション。追体験型授業を受講した学生の学習内容に関する発表。さらには中学校でロボコンに取り組んでおられる先生方から知財教育と高専への期待を語ってもらうという内容でした。ポスター展示や学生の制作物の展示もあわせて行いました。

3年間の総まとめのフォーラムを企画中 2008年11月11日 火曜日

 現在、企画グループミーティングで、3年間の総まとめのフォーラムを企画中です。

 実施特別委員会での承認を経て、決定となる予定ですが、一足お先に現段階での進捗状況をお知らせします。

 皆さまのご参加とご協力をお願いいたします。

?

日時:12月13日(土) 13:30より

会場:富山県総合福祉会館(サンシップとやま)

内容:

  1. 基調講演 長野高専教授 佐野安一 氏
  2. 富山高専現代GP概要説明
  3. 知財教育の報告Ⅰと評価(パネルディスカッション形式)
    専攻科1年 技術者としての総合力を育成する富山高専型PBL
    ≪パネリスト:本校教員、卒業生2名、協力NPOや事業所の代表≫
  4. 知財教育の報告Ⅱと評価
    3年 蒸気機関をテーマとした技術と特許に関する実体験型授業
    ≪報告:授業を受けた学生、評価:評価委員代表 戸田一郎氏≫
  5. 中学校における知財教育の取り組みと高専への期待
    富山ジュニアロボコン実行委員会 安達渉氏、干場耕太郎氏

?

  他に、知財マインド醸成に取り組んだ授業の実践報告と、いくつかの授業のパネル展示を予定しています。

企画グループ 第10回ミーティング 2008年11月11日 火曜日

日時:11月10日(月) 10:45~

場所:中会議室

議題:

  1. GPフォーラムについて
    チラシの校正、プログラム等
  2. 工作工房の整備について
  3. 広報活動について
     メルマガの発行
志峰際で知財GPの取り組みをポスター発表 2008年11月5日 水曜日

11月1日~2日と行われた、志峰際にて知財GPの取り組みをポスター発表しました。

  1. 蒸気機関をテーマとした技術と特許に関する実体験型授業?(PDFファイル124KB)
  2. 技術者としての総合力を育成する富山高専型PBL(PDFファイル252KB)
  3. 応募型授業-知財マインド醸成の取組み-?(PDFファイル64KB)
企画グループ 第9回ミーティング 2008年10月28日 火曜日

日時:10月28日(火) 10:45~

場所:中会議室

議題:

  1. GPフォーラム開催の企画について
    12月13日(土) サンシップ富山 13:30~
    プログラム
    挨拶 米谷実施委員長(~35分)
    基調講演 (13:40~14:30 質疑含めて)
    取り組みの概略報告(~14:40)
    〈休憩〉(~15:00)
    専攻科特別演習の報告と評価(15:00~15:40)
    パネルディスカッション形式
    追体験型授業の報告と評価(15:40~16:00)
    学生の報告、戸田先生から評価コメント
    中学校からの視点(16:00~16:20)
    中学校の取り組みと高専への期待
    総括(16:20~16:30)
    校長より
  2. 報告書について
  3. 評価会について
    3月に開催予定
  4. 実施特別委員会の開催 11月17~21の週

?

※次回打ち合わせ 11月10日(月) 10:45~

平成20年度知財セミナーを行いました。 2008年10月1日 水曜日

 10月1日(水)、本校オープンラボにて教職員対象の知財セミナーを開催しました。

 まず、ファインネクス株式会社 設計部 部長 棚田久昭氏より、ご講演「会社における知財リテラシー」をいただきました。

 次に、コメンテーターとして、横浜国立大学大学院 国際社会科学研究科 准教授 岸本織江氏をお迎えして、学内の教職員による知財教育実践における様々な課題についてディスカッションを行いました。 

 著作権に関する意識喚起というテーマでは、授業・実習における取り組み例をもとに、活動のあり方や今後の方向性について議論し、また、インターネット上の文章、図表などをコピー&ペーストをすることに対する教育上の配慮について、表現活動と著作権の観点から活発な議論を行いました。 

 教育現場で教職員が抱えている種々の疑問や悩みに対して岸本氏から適切なアドバイスをいただき、今後の教育活動に活かしていくヒントが多く得られました。

富山高専 現代GP メールマガジン 第8号 発行しました 2008年9月30日 火曜日

★「知財セミナー」のご案内

★知財マインド醸成のための授業や工房を視察して頂きました

★知財学会で、本校の取り組みを発表

★宮城高専のシンポジウムに参加

宮城高専のシンポジウムに参加 2008年9月26日 金曜日

 9月26日に、仙台国際ホテルで行われた宮城高専現代GPシンポジウム『高専における創造性と知財の教育について』に参加しました。

 知財学会の理事による基調講演に続き、宮城高専の取り組みや卒業生の発表があり、山口大学や長野高専、弁理士、企業の立場からの話題提供の後、パネル討論がされました。

 宮城高専の取り組みは、同じ分野の現代GPでありながらも特許に関する教育が中心で、本校の取り組みである知財マインドの醸成とはアプローチが異なっていました。15歳からの早期教育ができる高専教育においては、様々な取り組み方が可能であると感じました。

知財学会で、本校の取り組みを発表  2008年9月21日 日曜日

 9月19日に琉球大学で行われた日本知財学会第8回知財教育研究会にて本校の「知財マインド醸成のための実体験型基礎教育」の具体的取り組みと、中間的な成果を発表しました。

 発表は、初等教育から高等教育機関まで、子どもたちのそれぞれの発達段階における特徴的な教育実践について報告があり、種々、活発な議論がなされました。

 日本における知財教育は始まったばかりであり、それぞれの教育現場が必要性に駆られながら苦労して試行錯誤している状況であり、今後とも、教育内容や方法に関する情報交換が重要であるとの認識で一致しました。

知財学会発表資料(PDFファイル1.42MB

日本知財学会第8回知財教育研究会 2008年9月20日 土曜日

【日時】2008年9月20日(土) 14:00~17:30

【場所】琉球大学 産学官連携推進機構(沖縄県西原町)

【内容】知財教育に関する研究・実践研究報告

【参加者】本江,伊藤

「OKINAWAN DREAMS」

   琉球大学産学官連携機構・沖縄TLO 宮里大八さん

「技術職員から見た知財教育」

   富山工業高等専門学校  伊藤通子さん

「どきどきわくわく私だけの財産」

   那覇市立大名小学校 高良貴美子さん

「知財教育に係わる本学科(工業化学科)の取組状況」

   沖縄県立沖縄工業高等学校  知念豊孝さん

「琉球大学の知的財産」

   琉球大学産学官連携機構 小野寺徳郎さん

ディスカッション:60分