Archive for » 12 月, 2008 «

木曜日, 12 月 25th, 2008 | Author: admin

去る12月22日(月)の授業最終日に行われた、芋煮会(学生支援プログラム「遊」企画第3弾)での、高専Cafeの様子です。

大荒れの天気の中 Start!

当日は、みぞれ混じりの雨が降る大荒れの天気でした(気象庁の発表によると15時時点の気温が6度!)。

芋煮のご当地である、東北出身の宮崎先生ら、腕と味に覚えのある先生方が張り切って「鍋奉行」として活躍しました。

あいにくの天気の中、寒い外での暖かい心のこもった調理。17:00過ぎに完成、試食。開会時点で60人以上の学生が集まりました。また17:30を過ぎたあたりから多くの先生達も参加しました。

やがて食材に火が通り、山形風(牛、しょうゆベース)、秋田風(鶏、しおベース)、庄内風(豚、みそベース)の順で、美味しそうに鍋が出来上がりました。

ひとつの大なべで、およそ35人前分を作れます。しかし出来上がったころには100人近くの来客でCafeが埋まり、見る見るうちに減っていきました。参加者は存分に食べることが出来たようです。

調理を手伝っていた学生
作るのは簡単。勘とセンスがあればOK。工夫したところ?特にありません。
(山形風の前で)これが一番ウマイですよ。

早くからきていたR君、A君(2年生)
秋田風を選んだ。一番早く出来たから。とてもおいしい。お昼はしっかり食べたけど、今日はがんばる(笑)。今食べてるのは山形風・・・だって牛肉が入っているから(笑)。

楽しそうにおしゃべりしていたNさん、Yさん、Kさん(2年生)
秋田風を選んだ。あったかくておいしい。今日は5杯くらいは食べたい(笑)。東北には行ったことがないが、こんなおいしいものがあるとは。

同じ運動部に入っているNくん、Kくん、Mくん(1年生)
部活の帰りに立ち寄った。先生から面白いイベントがあるからと誘われて知った。おいしい。ご飯が欲しいなぁ。

鍋に一番近いテーブルにいたYさん、Yさん、Kさん(2年生)
全種類(3杯)を食べた。もちろんお昼もしっかり食べて。庄内風がおいしかった(一人目のYさん)。秋田風がおいしかった(二人目のYさん)。山形風を2杯食べた。またやって欲しい。毎月やって欲しい。気に入った(Kさん)。

同じクラスのKくん、Mくん、Aくん、Hくん、Jくん(2年生)
高専Cafeには今日始めて来た。全部で6杯食べた(Kくん)。
- 何かひとことお願いします。
「さらわれたホビット!」(?)

長居していたAさん、Bさん
二人とも秋田風を選んだ。とてもおいしい。今度はきりたんぽ鍋を食べてみたい。
- 先生に、何かひとこと。
「宮崎先生、エプロン似合っていました」

宮崎先生より

芋煮は、地方によって食べ方やその場の雰囲気が違う。

山形では河川敷などで大勢でワイワイやりながら食べる。秋田では家で酒を飲みながら、夜が更けるまでダラダラ食べるのが普通。

いずれにしても気取らない郷土料理。楽しく食べて欲しい。

リポーターの感想

リポーターも芋煮をご馳走になりました。以下、感想。

ひとつのお椀の中にサトイモが8つほど入っていた。まさに芋が主役。キノコや鶏肉などからいい出汁がでている。トロトロしたスープの舌触りがよい。お椀一杯食べただけなのに満腹になった。もっと食べたかったのだが・・・。

会場に「玄米先生の弁当箱」(著/魚戸おさむ・脚本/北原雅紀)という漫画の、芋煮会を扱った回の作品が展示してあった。
芋煮会を巡って、こだわりを持つ二人が意地を張り合うコミカルな内容。とても面白かったので、芋煮に興味を持った学生さんには、ぜひ読んで欲しい。

フォト・ギャラリー

告知ポスター

やっぱ肉っすよ

やっぱ肉っすよ

これが一番ウマイですよ

おなかが減ってきたなァ

おなかが減ってきたなァ

庄内風が出来上がりました

庄内風が出来上がりました

忙しくなってきた

忙しくなってきた

外で調理するのは大変だ

外で調理するのは大変だ

おいしそう・・・ゴクリ

おいしそう・・・ゴクリ

食べたい人は並んでね

食べたい人は並んでね

さて何杯食べたでしょう?

さて何杯食べたでしょう?

レシピも展示

レシピも展示

大好評・大賑わいの会場でした

大好評・大賑わいでした

月曜日, 12 月 15th, 2008 | Author: admin

(画像はクリックで拡大します)

去る12月3日(金)に行われた、疲れを癒すティーパーティー(学生支援プログラム「遊」企画第2弾)での、高専Cafeの様子です。

素敵なTea Party

また今度やります!皆さん来てください

また今度やります!皆さん来てください

ティーパーティーは後期中間試験最終日に行われました。

当日は、多くの学生および教職員にお集まりいただきました。

たくさん用意した飲み物の中でも、「カフェオレ」「ココア」「ピーチティー」などが特に好評でした。

またマスター日比先生のレクチャーにより、ティーバックの袋を折り紙にしてトナカイ折りに挑戦しました。なかなか難しかったようですが、悪戦苦闘しながらも色んなトナカイが出来上がっていました。

後日に第二弾も予定しています。

フォト・ギャラリー

紅茶など各種

テーブルもおしゃれに飾りつけ

テーブルもおしゃれに飾りつけ

マスター(日比先生)とお客(学生)さん

マスター(日比先生)とお客(学生)さん

みんなで団らん

みんなで団らん


.

ティーバックの袋を使って折り紙に挑戦

ティーバックの袋を使って折り紙に挑戦

折り紙もやってみると面白い?熱中してます

折り紙もやってみると面白い?熱中してます

なかなか難しいようです

なかなか難しいようです

うまく折れました!トナカイです

うまく折れました!トナカイです

木曜日, 12 月 11th, 2008 | Author: admin

「サテライト型による地域と高専の教育交流事業」並びに学生支援プログラム「高専元気UP!遊―友―YOUプロジェクト」による「プロ棋士の発想と思考に学ぶ」の開催(協賛しています)

標記事業について、日本将棋連盟 棋士 中村修 九段を講師にお迎えし、下記により別添パンフレット(PDF:700kb)のとおり開催されます。

両校(富山高専、富山商船)における学生間交流及び中学・高校生等との交流促進並びに富山高専における学生支援活動としての事業です。

期日

平成21年1月24日(土)

会場

〒930-0094  富山市安住町5-21
富山県総合福祉会館「サンシップとやま」601研修室

講師

日本将棋連盟 棋士 中村  修 九段

内容

(第一部)講演「コンピューターは名人に勝てるか?」 11:30~12:00
(第二部)多面指導将棋・ミニ将棋大会 13:00~15:30

備考

県内各中学及び高校、北陸地区各高専には案内済


木曜日, 12 月 11th, 2008 | Author: admin

芋煮会

企画代表者:宮崎

目的

東北地方に伝わる芋煮の調理・試食を通して学生や教職員に異文化体験の機会を提供する。
美味しいものを皆で食べ、1年間の苦労をねぎらいながら、疲れた体と心を癒す。

日時

平成20年12月22日(月)16時30分〜18時30分

場所

仮KOSEN Cafe(竹明館1階食堂)

参加対象

校内学生、教職員

実施要領

大鍋3つ(山形風、庄内風、秋田風の3種類)を調理し、試食する。