homeabout 概要network ネットワークcommunity 地域
HOME > ネットワーク > OG紹介 > 2010.9.14
川崎 里香さん 株式会社アイバック
 続いて、川崎さんの上司、業務部部長 中村昌彦さんにお話を伺いました。

現在の川崎さんのポジションは?
 現在、彼女はカスタマーサポート部というセクションで、主に新入社員や若手社員の教育研修プログラムを作成し自ら講師を務めるという形で活躍しています。とくに当社は若い社員が多かったので、若い社員の早期戦力化スキルアップというのが大きな課題でした。彼女は今年4月までの育児休業中に自らeラーニングの勉強をしてオラクルの資格、ブロンズとシルバーを取りました。また、自ら新入社員に向けた研修プログラムを作り、職場復帰してから研修講師として若手を育成しています。

川崎さんの働きぶりは?
 こちらが期待している以上と言ったら失礼ですが、本当によくやっていると感心しております。若手のシステムに関する理解も、今回彼女が作ってくれた研修プログラムで大きく力をつけることが出来たのではないかと思います。

高専出身者の印象は?
 当社の社員の中では高専出身者は彼女のみですが、彼女を見てやはり高専出身の方は優秀だなと改めて認識しました。私の知人にも高専出身の方がいるので優秀な学校だという実感はありましたが、彼女を見ていると「自分で物事を主体的にとらえ、積極的に目標設定し、達成に向けて努力していく」という考え方や振る舞い方が、芯から身についているなと感じます。おそらく、教育プログラムの中でも生徒の自主性を育てていくような教育体系をしっかりされているのだろうなと感心しております。

川崎さんに今後期待することは?
 川崎さんは、育児休業に入る前から、カスタマーサポート部のリーダーとして自分のチームを持ち、若手の育成を行っていました。育児の方がもう少し楽になり一段落したら、主力メンバーで復帰してもらって、研修講師に加え、難しい企業様の採用サポートシステムの構築及び運用や、我々が構築しているシステムの全体のチューンアップを中心に任せたいと思っています。そのあたりが一段落したら、これはまだ私の個人的な構想ですけれども、ビジネスマナーを含めた新入社員研修やマナー研修の講師、また採用プロジェクトチームのメンバーとして若手の採用にも携わって欲しいと考えております。 システムに関しては、彼女は当社の中でも非常にスキルが高いので、中心になって将来的にはサーバーの管理にも首を突っ込んでもらいたいと思っています。 そういう意味で期待するところは非常に多いです。






  株式会社アイバック 業務統括本部 業務部部長 中村昌彦さん

川崎さんのインタビュー記事へ
このページの先頭へ
Copyright © Kosen Brand Project All Rights Reserved.