homeabout 概要network ネットワークcommunity 地域
HOME > ネットワーク > OG紹介 > 2010.7.27
宮田 薫さん 今村証券株式会社
多くの人間が力を合わせて一つのことを成し遂げる、
その中心的な役割を担うシステム部の仕事はとてもやりがいを感じる
 今回は今村証券株式会社システム部に勤務されている宮田薫さんにお話を伺いました。

お仕事の内容は?
 北陸の地場証券で唯一の,東京証券取引所会員である今村証券株式会社のシステム部に所属して働いています。営業、経理、総務部門など会社で使っているシステムすべてを自社で開発しています。
 証券業界を含め金融の世界は法令などの変化が多いので、そういった面に即対応するよう、限られた人数で運用または設計・開発業務をこなしています。

最近特に力を入れているのは?
 会社では、現在別々のサーバにある膨大なデータを一元化する、データベース統合システムの構築に力を入れています。構築後の開発効率の向上と、オープン化によるコスト抑制を図るため、チームで取り組んでいます。

現在のお仕事の魅力は?
 システムの仕事というのは日々すごい勢いで変化しています。日進月歩の世界ですから、ネット上や本を読んで勉強することが必要です。加えて、システムを組む時には自分のシステム以外の仕事、業務のことを知らなければならない。システム部のみんなは本当によく勉強しています。そういったスタンスは正直シンドイと思うこともありますが、そういう人たちに交ざって仕事をすることが何より楽しいです。
 また、部門横断的なシステム開発というのは会社全体で取り組む仕事でもあります。部門間で一つのことをみんなで協力して成し遂げる、その中心的な役割を担うシステム部の仕事はとてもやりがいを感じます。

仕事をする上で嬉しかったエピソードはありますか?
 プロジェクトで作っていたシステムが出来あがり、カットオーバーして業務で使わ れる喜びもあるのですが、エピソードということではありませんが、結婚して子供を 産んで戻ってきた後も、うちの会社はリターンする女性に対しての環境がとてもよ かったので、そういった働きやすさが,仕事をする上で嬉しいことです。

新しく挑戦していることは?
 様々な出会いを大切にして、そのための人脈づくりに力を入れています。北陸企業から30代、40代の社内外の有志が集まって何かしようという話が出ています。 具体的にはまだはっきり決まっていないのですが、企業のダイバーシティーや女性雇用の推進が高まってきているので、そのための活動を考えています。

仕事をする上でのポリシーは?
 残業をしない。残業をしないために無駄な時間を無くす努力をします。
 聞くことは恥じゃない。10分自分で考えたり調べたりしても分からなかったら、即周りのみんなに聞くようにしています。悩み始めると1時間でも悩んでしまうので、分からないことは何でも人に聞くようにしています。
 基本的なホウレンソウ。報告連絡相談は大事なので意識して行っています。
 最後に、チャレンジ精神を忘れないことがポリシーです。

社会人になってつらかったり落ち込んだりした時どう乗り越えていますか?
 この不幸な状態は永遠には続かないという考え方で、とりあえず気分転換をします。会社の同期の仲がよかったので、定期的に集まって憂さ晴らしをしたり、マッサージや銭湯行くのも好きですし、とにかく気分転換して切り替えて、それだけを考えないようにしています。

最後に富山高専女子学生にエールを!
 何事にもチャレンジ精神を持って、突き進んでいって欲しいと思います。
 企業全体として最近は、採用するなら新卒より即戦力のある中途採用が望まれる傾向にあります。景気の影響もありますが、それを払しょくするようなアグレッシブな言動とハングリーさを持った人間、私がやらねば誰がやるという志のある人間になって欲しいと思います。
 今回高専ブランドプロジェクトのメンターという形になりましたが、個人的にも自分の周りにメンターを作った方がいいと思います。学生であれば親もメンターになりますし、兄弟もメンター、友達もメンターですし、先生もメンターになるので、そういった相談相手を作っておくことも必要です。











【プロフィール】
  富山商船高等専門学校 情報工学科卒業

宮田さんの上司の方にもお話を伺いました
このページの先頭へ
Copyright © Kosen Brand Project All Rights Reserved.