homeabout 概要network ネットワークcommunity 地域
HOME > ネットワーク > OG紹介 > 2010.6.23
川越みゆきさん 富山高等専門学校
いろんな学生がいて、いろんな対応があって、いろんな考えがあって、
そういうものを感じることが面白い
 今回は富山高専に技術専門職員として勤務されている川越みゆきさんにお話を伺いました。

お仕事の内容は?
富山高等専門学校の技術室という組織に所属しています。教育スタッフとして、学生実験の準備や技術指導を行います。学生が実験技術を身に付けたり実験を通して学んだりと、少しでも成長するように先生方と一緒に様々なことを行っています。

最近特に力を入れていることは?
昨年度から「自分の身を守る安全」について特に力を入れて取り組んでいます。実験の中で、学生自ら安全な環境を作ることができるようになってほしいと思っています。最近は危険な事柄をなるべく避けさせる風潮がありますが、危険を遠ざけるのではなく、身近にある危険からどうやって自分の身を守るかということを、実験を通じて身につけて欲しいと思います。

現在のお仕事の魅力は?
若い学生と接することで自分自身にも新たな発見があったり、毎日同じではないということに魅力を感じます。学生たちの自由な発想や、こちらの対応にやる気のある反応で答えてくれるところが魅力です。

一番嬉しかったことは?
一番というより日々嬉しいことがあります。生活の中では家族が元気で過ごしていること、仕事の中では学生が今まで出来なかった事が出来るようになった瞬間に居合わせ、学生の喜ぶ姿を見られることです。そういう出来事の積み重ねが私の嬉しいことです。

仕事をする上でのポリシーは?
やはり自分が率先して学生の見本になるような行動をしなければならないということは常に考えています。実験のない時は、アクセサリーを付けて、サンダルを履き、あえて実験にふさわしくない格好をします。けれど実験がある時には相応しい格好をし、TPOの大切さを身をもって学生に伝えています。

社会人になってつらかったり落ち込んだりした時どう乗り越えていますか?
つらいことや落ち込んだりしたことは殆どありませんが、そういう場合は家族や職場の同僚、周りの協力で乗り越えられたと思います。自分ひとりの力では出来ないこともありますし、世の中には自分が率先してやる必要のないこともあります。そういう時には悩まず周りの方に協力してもらうようにしています。

新しく挑戦していることは?
専門の化学だけではなく今年から機械系の実験も行っています。新しいことに積極的にチャレンジすることが重要だと感じ、今まで機械とは全く関係のない仕事をしていましたが、機械専門の先生と一緒に勉強しながら授業を進めています。

最後に富山高専女子学生にエールを!
女子男子とこだわらず未来の技術者として、様々な外部の事業に参加して欲しいと思います。5年間の高専生活はとても長く、同じ周囲、同じ教員、同じクラスメイト、同じ環境での生活になります。私自身、学生の時は学校に大事にされていると感じていましたが、それは高専の中だけで通じることで大人としての振る舞いや、他の方とのコミュニケーションの取り方が分からず、戸惑ったことがよくありました。そんな自分自身の体験から、自分の力で外に出て様々な事業や企画に積極的に参加するという体験を学生時代にしてほしいと思います。











【プロフィール】
  富山工業高等専門学校 工業化学科卒業
このページの先頭へ
Copyright © Kosen Brand Project All Rights Reserved.