国立高等専門学校の入試にマークシート方式による解答方法を導入します。

国立高等専門学校の入試(入学者選抜学力検査)が、平成28年度入試(平成28年2月実施)から全ての教科でマークシート方式による解答方法になります。

 

 

高専機構のホームページにも注意事項などを随時掲載しますので、各自でマークシートへの準備をお願いします.
高専機構ホームページ  http://www.kosen-k.go.jp/marksheet.html

 

本郷キャンパス

学務課入試担当 TEL: 076-493-5498 FAX: 076-493-5488

射水キャンパス
学生課入試担当 TEL: 0766-86-5145 FAX: 0766-86-5130


マークシートって難しくないですか?

マークシート方式による解答方法は、全国学力・学習状況調査などでも採用されているため、一度は目にしたことがある方法です。決して特別な技術が必要な試験ではありません。

 

試験問題の難易度は変わりますか?

マークシート方式になっても試験の難易度は変わりません。中学校までの学習内容に応じた試験問題です。

 

試験時問は変更されますか? (長くなる or 短くなる)

1教科につき50分の試験時問は変更はありません。

 

特別な筆記用具が必要ですか?

皆さんが普段から使っている鉛筆(HB)で大丈夫です。シャープペンシルは、メモ書きや計算のために使うことができますが、解答用紙はHBの黒鉛筆で塗りつぶしてください。
消しゴムも、普段から使用しているもので大丈夫です。

 

事前にマークシート方式の解答用紙を閲覧することはできますか?

高専機構のホームページに過去問題をマークシート方式の解答方法に変更した場合のサンプルを掲載する予定です。

 

鉛筆は何本、用意すればいいですか?

鉛筆削りを持参することが認められており、試験と試験の間などに鉛筆を削ることもできますが、予備を含めて数本持参するようにしてください。

 

 

ページ先頭へ▲