TOPICS

KEKキャラバンによるグリッドコンピューティング講座を開催しました。

20110620152650_DSC_0024ss.jpg

「高専における加速器科学の放射線応用技術を基盤とした専攻科特別研究の高度化と国際化」(高エネルギー加速器研究機構(KEK)の大学連携支援)事業の活動のひとつとして、KEKキャラバン(http://caravan.kek.jp/)の講師派遣によりグリッドコンピューティング(GRID)講座を開催しました。GRIDとは、ネットワークに接続されたコンピュータを集約して、高い処理能力を実現する分散コンピューティング技術のひとつです。講師としてKEK計算科学センターから岩井剛先生を招き、GRID技術の基礎講座とともに、今年3月から富山高専に設置したNAREGI-GRIDシステムを使った実習を行いました。専攻科の制御情報システム工学専攻・ネットワークシステム工学履修生とエコデザインシステム工学専攻の希望学生、ならびに情報工学科5年生の希望学生を含む計13名が受講して、分散環境でシミュレーションを実行する方法など、具体的な利用方法を学びました。
 本事業は最新のネットワーク技術を学ぶ目的で、今後も6月27日、7月25日に外部講師を招いたクラウド技術講座を予定しています。
 専攻科の少人数教育を活かして、先端技術の専門家から直に実習を行うことで最新技術を学ぶことを目的としています。

ページ先頭へ▲