TOPICS

物質化学工学科 袋布教授 アメリカで招待講演

 物質化学工学科の袋布教授が1月22から27日にアメリカ合衆国・フロリダ州デイトナビーチで開催されたアメリカセラミックス協会主催の"41st International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites"において,バイオセラミックスからヒントを得た環境浄化材料の開発と製造に関する招待講演を行いました。高専教員で唯一の招待講演です。
 このシンポジウムは毎年アメリカフロリダで開催されているセラミックス,複合材料の国際会議で,今年は約600件の講演が行われました。

 本シンポジウムでは本校の専攻科生も英語で口頭発表を行い,参加者からのディスカッションに英語で対応していました。

 

 学会URL http://ceramics.org/icacc2017

 


 

ページ先頭へ▲