TOPICS

Joint CAST 2015 射水キャンパス、本郷キャンパスで開催

 1月13日(水)、本校射水キャンパス、本郷キャンパスにおいて、Joint CAST2015が開催されました。  

 CASTは、英語学習に対する意欲向上、研究発表に対するスキル向上を目的として、専攻科生が国際学会などで行った英語によるプレゼンテーションを学内で披露し、海外から招聘したnative speakerと活発なディスカッションを行うものです。

 第7回目となる今回のCASTは、本校射水キャンパスをメイン会場とし、本郷キャンパス、松江工業高等専門学校、熊本高等専門学校の4拠点をGI-netシステムで結び、計4名の専攻科生がそれぞれのキャンパスでプレゼンテーションを行いました。

 本校専攻科生による総合司会の下、石原校長の開会挨拶に続いて、松江高専、熊本高専、富山高専(本郷キャンパス)、富山高専(射水キャンパス)の順に発表が行われました。コメンテーターとして、本校の交流協定校である英国・北アイルランドのサウス・イースタン地区連合カレッジ(SERC)、米国・ハワイのカウアイ・コミュニティ・カレッジ(KCC)、タイのキングモンクット工科大学(KMITL)から招聘した外国人教員計4名が、メイン会場である射水キャンパスの会場からそれぞれ質問をし、発表学生が英語で答えました。

 本校では、専攻科生や来年度専攻科入学予定の学生および教職員等約70名が、4名の学生の発表とnative教員とのディスカッションを熱心に視聴しました。

IMG_0661.JPG

学生の発表を熱心に聴くnative 教員

 

IMG_0682.JPG

射水キャンパスでの発表の様子

 

 

ページ先頭へ▲