TOPICS

国際会議ICET2015をタイ・バンコクで開催しました

 富山高専とタイのキングモンクット工科大学ラカバン校(KMITL)は,平成27年12月17日~18日に工学と技術に関する国際会議ICET2015(International Conference on Engineering and Technology 2015)をKMITLで開催しました。

 この会議の目的は両校の教員による研究発表を通して,教員交流と共同研究の促進を図ることであり,両校の教職員約40名とKMITLの学生,タイの日系企業技術者6名が参加しました。会議では石原校長によるキーノートスピーチと機械,電気,情報,ビジネスなどの分野の合計19件の口頭発表があり,活発な質疑応答や意見交換が行われました。また,企業発表では本社が富山近隣にある企業(3社)から製品や技術の紹介が行われ,参加した教員や学生たちは熱心に説明に聞き入っていました。

 なお,当会議にあわせ,両校の国際交流に対する多大な貢献を賞し,石原校長よりKMITL Suchatvee Suwansawat学長へ特別栄誉教授の称号を授与しました。富山高専とKMITLは今後も積極的に連携を進めていく予定です。

icet1.jpg

石原校長のキーノートスピーチ

icet2.jpg

会場の様子

icet3.jpg

発表を行う教員(本校岡本准教授)

icet4.jpg

Suchatvee Suwansawat学長(左)と石原校長


 

ページ先頭へ▲