TOPICS

「富山PTSIM講習会/Geant4医学応用研究会」を開催しました

 12月17日(木)—19日(土)の3日間にわたり,富山高専射水キャンパスにおいて,放射線シミュレーションの開発とその医学応用に関する講習会と研究会を開催しました。PTSIMは,がん治療への応用を目的に開発した放射線医療シミュレーション・ソフトウェアで,高エネルギー加速器研究機構が国際共同開発したGeant4シミュレーションツールキットを基盤としています。富山高専は,高エネルギー加速器研究機構や広島大学等と共同研究開発を行っています。

 PTSIM講習会およびGeant4医学応用研究会では,医学系の大学院生や研究者,病院で治療に携わる医学物理士の方々など学外機関からの参加者32名に加えて,本校の電子情報工学科および制御情報システム工学専攻の学生5名が参加し,PTSIMを用いた計算方法の実習や新たな放射線治療法についての研究紹介を行いました。

 本事業は,富山高専主催による「高専から発信する加速器科学の放射線シミュレーション講座の高度化と人材育成」として,高エネルギー加速器研究機構「大学等連携支援事業」による支援を受けて実施しました。

  

富山PTSIM講習会.jpg


 

ページ先頭へ▲