TOPICS

高専改革推進経費「TIE-UPプロジェクト」 第2回コンソーシアム協議会を開催


tieup.JPG 3月10日(火)に高専改革推進経費「TIE-UPプロジェクト」第2回コンソーシアム協議会を富山市のパレブラン高志会館で開催しました。

 この事業は、タイに展開する地域企業向けに「現地採用技術者に対する社会人教育コース」の枠組みを、タイのキングモンクット工科大学ラカバン(KMITL)と共同して構築するもので、この3月を以て事業終了となるため、評価委員及び連携校の教職員併せて約40名が参加し、2年間の事業のまとめを行いました。

 この2年間の成果は、タイ大学生及び本校学生のインターンシップ枠組みと絡めさらに発展させることにより、地域企業のニーズだけではなく、今後の高専教育にも繋げていくことが期待できます。


 

ページ先頭へ▲