TOPICS

近藤准教授の共著が,第14回本格ミステリ大賞【評論・研究部門】にノミネート

 第14回本格ミステリ大賞【評論・研究部門】(本格ミステリ作家クラブ)の候補作5作のうちの1つに,近藤周吾准教授の共著『日本探偵小説を読む 偏光と挑発のミステリ史』(北海道大学出版会)が選ばれました。近藤准教授は同書において,北陸出身の小説家・水上勉の代表作『飢餓海峡』を論じています。大賞は5月12日,都内某所にて開票され,決定する予定です。


 

ページ先頭へ▲