TOPICS

第7回小水力アイデアコンテストに向け、本校学生が活動を開始しました。

 東海北陸地区高専の学生が、用水や小さな川の流れを利用して発電を行う小水力発電装置の開発と、それで得られた電力を地域の活性化に活かすアイデアを競う「小水力発電アイデアコンテスト」。
 今年度は、機械システム工学科と電気制御システム工学科の2年生6名のチームで臨みます。
 6月24日(土)・25日(日)には、石川県白山市鶴来地区で合宿を行い、設置候補地の測量や住民インタビューに基づき、水車の設置場所を決定しました。今後は、3月の最終発表に向け、水車の設計と製作に取り組みます。
 また、昨年度までの取組については、9月に沖縄高専で開催される「第2回 高専生サミット on KOSEN Science and Technology」で、電気制御システム学科2年の橋本竜大君が発表することになっています。
 昨年度のコンテスト概要はこちらをご覧ください。http://mph-contest.org/

 

 無題.jpg


 

ページ先頭へ▲