TOPICS

社会人向けの公開講座「第2回循環型社会講座」を開催しました

20120910112008_P1010217.jpg

8月31日(金),9月1日(土)の2日間にわたり,富山県民会館において,社会人向けの公開講座「第2回循環型社会講座~地域に根ざした建設廃棄物リサイクルの戦略~」を開催しました。
 本講座は,最近リサイクルが渇望されている建設廃棄物である廃石膏ボード,品質管理・環境負荷低減技術に至るまでの実務的なリサイクル技術,健全なビジネスモデル戦略などを総合的に共有することを目的としており,全国高専で廃石膏ボードリサイクルに取り組む教員で組織された「全国KOSEN廃石膏ボードリサイクルネットワーク」との共催で開催しました。講座には全国の廃石膏ボードリサイクルに関わっている企業等から20名の参加がありました。
 本校専攻科の袋布昌幹准教授が石膏ボードリサイクルの現状と課題の報告(説明),石膏中のフッ素化合物対策に関する講義,国際ビジネス学科の清水真准教授が環境ビジネスおよびマーケティングについて,その基礎理論と実例を交えた講義を,講師の最新の研究成果を交えて行いました。
また,全国KOSEN廃石膏ボードリサイクルネットワークの会長である大分高専都市・環境工学科の佐野博昭教授から,地盤材料への廃石膏ボードリサイクルに関する研究事例の紹介がありました。
最後に講師全員を交えた総合討論が行われ,受講者が現場で直面している課題,全国の現状を交えながら,石膏ボードリサイクルの「あるべき姿」について活発な意見交換があり,有意義な講座となりました。

ページ先頭へ▲