TOPICS

本年度の長岡技術科学大学 アドバンスドコース 協働科目Ⅰ「英語プレゼン」が始まりました

20120501162900_DSC_0050.jpg

アドバンスドコースは、長岡技術科学大学が行っている本校含め6高専のみが参加しているパイロット事業で、世界の産業界をリードする技術者を育てることを目指しています。長岡技術科学大学教員と高専教員等が協働で行う「協働科目」、長岡技術科学大学の先取科目の「先導科目」があります。本校では、昨年度から両キャンパスの(全学科)4・5年生、全学科対象に「英語プレゼン」を「協働科目」として行っています。
 本年度は両キャンパスで20人の学生が受講し、1回目の授業(4月26日)は、射水キャンパスに長岡技術科学大学・南口先生が来校され、本郷キャンパスの受講生は両キャンパスをつなぐ遠隔TV講義システムで授業を受けました。
 1回目は、図を使って論理的に日本語を組み立て直すロジカル・シンキングの基礎を学びました。

ページ先頭へ▲