TOPICS

富山高等専門学校技術振興会理事会・総会・講演会が開催されました

 平成25年10月31日(木)に平成25年度第1回理事会・総会・講演会がホテルグランテラス富山で開催されました。総会には、会員企業や教職員約80名が出席し、平成24年度の事業報告、平成25年度の事業計画及び収支決算等について審議され、原案どおり了承されました。また同会の役員の交替があり、今年度より藤堂工業(株)の藤堂利一代表取締役社長が会長に、(株)ユニゾーンの梅田ひろ美代表取締役会長、(株)スギノマシンの杉野太加良代表取締役社長が副会長に選出されました。
 今年度の事業として、前年度に引き続きグリーンイノベーション研究会、キャリア教育に関する講義や会員企業の見学会、企業研究会等が計画されています。
 総会終了後には、技術振興会の情報発信事業の一環として、本年度より富山高等専門学校長に就任した石原外美校長より、「日本の未来を拓く人材養成について(大学・高専における最近の動向)」と題して講演が行われました。講演では、日本の科学技術が目指す方向性を踏まえて、高専が担う3つの課題(地域産学連携、国際活動、高専教育の高度化)について話をされ、参加した会員企業及び教職員約100名が熱心に聴き入っていました。
 講演会終了後、専攻科生のポスター発表が4階ロビーにて行われ、会員企業の方々に日頃の研究成果を発表しました。専攻科生は、質問に対し堂々と受け答えをしていました。
その後の交流会では、富山県商工労働部次長の蔵堀祐一様や自治体、高等教育機関からの来賓の方々をお招きし、会員企業や教職員との活発な情報交換が行われました。

gijyutu1.jpg gijytu2.jpg


 

ページ先頭へ▲