TOPICS

全国高等学校将棋選手権県大会で優勝!

 .JPG5月25日(土)に第49回全国高等学校将棋選手権大会が北日本新聞社で開催され、本郷キャンパスの囲碁将棋部が出場し、男子団体戦(3人制、湊開誠君(機械システム工学科2年、高島慧也君(機械システム工学科3年)、野村俊光君(物質化学工学科2年)が出場)では優勝、男子個人戦では能村省吾君(物質化学工学科)が3位に入賞しました。

 男子団体戦は5チーム総当たりのリーグ戦で勝ち数を競うもので、本校チームは4戦全勝で優勝。また個人戦は54人がスイス式トーナメントで予選を戦い、能村君は17人が進んだ本戦トーナメントでベスト4に勝ち残りました。

 この結果、男子団体戦で優勝した3名は、7月31日~8月1日に長崎県で行われる、全国高等学校総合文化祭将棋部門に富山県代表として出場します。チームをまとめた高島君は「総合力を発揮できました。全国大会でも活躍したい。」と話しています。この大会での男子団体戦での優勝は実に29年ぶりとなります。なおこの大会では初中級者による男女混合のリーグ戦もあり、須藤晃平君(物質化学工学科1年)が優勝しました。


 

ページ先頭へ▲