TOPICS

上月高専機構理事が富山高専を視察

 国立高等専門学校機構の上月理事が,去る7月24日に富山高専を訪問し,同校の教育研究内容及び施設について視察を行いました。
 はじめに,本郷キャンパスにおいて石原校長が富山高専の概要について説明した後, 丁子副校長と成瀬副校長も加わり本校及び高専の諸課題についての意見交換を行いました。 その後,外国人教員による英会話演習の授業やチーム学習実践による「ものづくり基礎工学実験」の授業,専攻科生の授業などを見学しました。また専攻科教員の研究室や改修準備中の図書館を見学し,研究環境の整備状況等を視察しました。続いて射水キャンパスへ移動し,商船学科のレーダーシミュレーター演習,外国人教員による韓国語などの環日本海言語の授業,シンガポールのナンヤンポリテクニックからの短期留学生(電子情報工学科)の研究の様子等を見学した後,改修工事が終了したばかりの図書館情報センター,実習工場を視察しました。また,臨海実習場では練習船若潮丸及び臨海実習場の移転予定地の視察を行いました。

1.jpg2.jpg

左: 授業を視察する上月理事   右:女子留学生からデータ解析の説明を受ける上月理事


 

ページ先頭へ▲