TOPICS

ロシア中高生が射水キャンパスを訪問しました

20100706100401_2010070501.jpg

 ロシアの中高生8名が,6月30日,7月1日,射水キャンパスを訪れ,ロシア語を第二外国語として学習している国際流通学科の2・3年生27名と交流を行いました。
 来校したのは,国立ウラジオストク第51学校やハバロフスク第11学校などに通う,日本語を第二外国語として学ぶ13?16歳の生徒たちで,富山市内の日本語学校に1か月間の短期留学をしており,教員同士が知り合いであることから,本校への訪問が実現したものです。
 ロシアの中高生と本校学生は,第二外国語として学んでいる日本語・ロシア語で,それぞれの出身地,趣味,得意な学科などの自己紹介をしたり,一緒に茶道を体験したり,ロシアと日本の歌謡曲を合唱したりと楽しい時間を過ごし,お互いの言語・文化への理解と親交を深めました。


 

ページ先頭へ▲