TOPICS

「洋上救命講習」を実施しました

.jpg 7月17日,射水市海老江沖で「洋上救命講習」を実施しました。これは,商船学科の必修科目「船舶安全学」の一環として,洋上での救命技術を体得する目的で毎年実施しています。当日は,商船学科3年生42名が,着衣のまま救命胴衣を装着し,練習船「若潮丸」のデッキから2.7メートル下の海中へ一人ずつ飛び込みました。その後,班ごとに救命筏を目指して約50メートル泳ぎ,一旦いかだに乗り込んだ後,再びすぐ船尾まで泳ぎ,自力でライフネットや縄ばしごをよじ登りました。午後からは,実習海域を移動し,各種遭難信号の打ち上げ実習を行いました。


 

ページ先頭へ▲