TOPICS

「洋上サバイバル実習」を実施しました

20110629173419_P1010837.jpg

 7月15日,射水市海老江沖において,海難事故に備えた「洋上サバイバル実習」を実施し,商船学科3年生が,練習船「若潮丸」から海中への飛込みや着衣水泳などの訓練に挑戦しました。
 この実習は必修科目「船舶安全学」の一環として,洋上での生存技術,救命技術を体得することを目的に行われるもので,学生たちは,救命胴衣を着け,デッキから約3メートル下の海へ次々と飛び込み,船から救命筏まで50メートルほどを泳いで往復しました。波にもまれながらも船尾まで泳ぎ切り,縄ばしごを登って,無事,船に帰還しました。
 午後からは,引き続き,各種遭難信号の打上げなどの訓練も行われました。

 


 

ページ先頭へ▲